ヤケのヤンパチ!?のマンシュウ

早朝、街でひろった男性2人、
大きいか小さいか...。
大きかった (^_^)

「野田で1人、高速に乗ってもう1人」
と。

野田まで行って16号を折り返し、
柏ICから高速をひた走り、
某所までのマンシュウとなった。

景気がいいのかと思いきや、
某所まで乗った方はこうおっしゃった。

「ヤケのヤンパチ。
 1万借りるも100万借りるも返せないなら同じ」

ようやくそこそこのお金を借りることができたのだが、
その金で羽目を外しているのだと。

「もう焼け石に水状態。次回はたぶん無い」

支払い時、財布を覗いて驚いていわく、

「ゆうべ15万持って出たのに、万札、残ってない。
 カードでもいい??」

火に油を注ぐヤケのヤンパチ!?
またお会いできればいいのだが...。

車(セダン)

続)今日から新車!

新車になって驚いたのは、
パワーが大幅に増したってこと。
工場長いわく40馬力ものパワーアップと。

それにサスがとてつもなくしっかりして、
(いままでがヘタレ過ぎ... (^_^)
ガンガンにスピードが出てしまうぅぅぅ (^_^;;;

エコ・モードとまるで矛盾じゃんよっ!
とツッコミあるのみ。

ただ、問題もいくつか。
大きいのは、助手席が、
いままでのベンチシートからシングルシートに変わったこと。
地図やら資料やら小銭入れやらを置くスペースが狭くなった上に、
乗車定員が6人から5人となり、人一人乗れなくなった。

前は、6人乗り車両を求める某自衛隊の面々に
他車両を見逃してまでよくお乗りいただいたのに、
これからは期待できなくなった、残念。

車(セダン)

今日から新車!

55万kmを超えた担当するクルマ、
いよいよ今日から新車に差し替えとなった。

引渡しの前にお清めをする。
へ~、タクシーでもやるんだとびっくり。
塩と酒をクルマの周囲にふりかけて、
二礼二拍一礼の作法で拝礼する。

 事故なく稼げよ~ (^_^)

で、初仕事で街に出た。
大きく変わったのはエコ・モードというヤツ。
路線バスに導入されているアイドリング・ストップ機能だ。

ギアをNかPに入れるとエンジンが止まる。
ブレーキを踏んでDに入れると、
自動的にセルが回りエンジンがかかるという仕組み。

いやはやめんどう。
特に待機場先頭近くで、頻繁に停止と走行を繰り返すと
めちゃくちゃにめんどくさ~い (^_^;;;

いろいろな裏技でこの機能を効かなくすることもできるが、
今日のところは真面目にいく。
が、めんどう (^_^)
変なところで気疲れ満杯なので、早上がりした。

車(セダン)

続々)ラジオはなかなか面白い

先日のこの記事を読んだ知り合いからメールがあって、
「TBSの安住紳一郎の日曜天国もぜひ聞くべし」と。

さっそく同番組サイトから
Podcastingのバックナンバーをダウンロードして聞いたところ、
これが滅法界面白い。

バックナンバーのほとんどは番組のオープニングなんだけど、
ここでの雑談がややオタクが入っていて、
様々な話題にノメリこむ安住アナと、
通常はやさしく、けど時にギャハハとかガハハハってな
豪快な合いの手を入れる中澤有美子さんとのやり取りに、
聞きながら思わず吹き出すことしきり。

まだ、10本程聞いただけだけど、
「皆さんは熊本の合唱する中学生ですか?」と
「お梅さんと永明さんの事情」は名作(!?)だなぁ (^_^)

100本ほどあるバックナンバー、
ぜ~んぶ聞くぞ!!
安住アナのおすすめ通りに
本放送まで聞いちゃいそうだぁ... (^_^;;;

ゲーム

やっときたマンシュウ

1回1万円以上の通称マンシュウは最近とんとご無沙汰で、
2月からこっち月1-2回の体たらく。
で、6月はまったく無く、ついに0回達成か!?

けど、6月の営業もそろそろ終了間際の0時30分過ぎ、
ついにその時が。
リーマンの2人連れ、
「駅行ったあと、六本木へ」
と。

キタ━(゚∀゚)━ッ!!
やた~ (^_^)
よかったぁ... (^_^;;;

車(セダン)

続)ラジオはなかなか面白い

Podcastingしているのは、

TBS「森本毅郎・スタンバイ!」「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
「小島慶子 キラ☆キラ」

といったところ。

一番の楽しみは、「小島慶子 キラ☆キラ」
月曜のサウンド・パティスリーだ。
スポーツ・ジャーナリスト小林信也氏と、
稀代の運痴小島慶子アナとのやり取りが大傑作。

たとえば、かのジョホールバルのレポータに大抜擢された小島アナに
小林氏が「試合」の感想を聞くなり、小島アナ、
「勝ったとき、思わず隣のディレクターと抱き合ったのよ」
と。
試合のことなんかな~んも覚えちゃいない。

万事この調子なので、小林氏、話のレベル調整に困っている。
その困り具合と、さらに上を突っ走る典型的B型女と。
今後も楽しみだ。

ゲーム

ラジオはなかなか面白い

仕事柄、ラジオは離せない。
読書に疲れるとラジオを聞く。
が、いつもいつも聞きたい番組ばかりとは限らない。

だいたいは、昼間はTBS、夜はNHKなのだが、
双方ともヒドい時間帯というのがあるもので、
そゆ時はiPodにあらかじめ録音しておいた番組を聞く。

NHK「ラジオ深夜便2時台3時台」「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール」
「音楽熱中倶楽部」
TBS「久米宏ラジオなんですけど」「今晩は吉永小百合です」

といった番組を丸録りしてね。
他にPodcastingしている番組もいくつかあるけど、
これらはウォーキング中に聞くのが常。

驚いたのは、「こんばんは吉永小百合です」。
先週、番組中で太宰治「葉桜と魔笛」の一部を
小百合さんが朗読した。

お、これは面白そう! と、
その本を借りていざ読もうとしたら、
昨日(6/21)、チャンネルNECOで、まさにその小説を原作とした、
「真白き富士の嶺」が放映されたのだ。

映画そのものは小百合さんを見ているだけ、
のようなものだったけど (^_^;;;
このタイミングのよさにはびっくり!

あと、交通情報はNHK越智ひろみさん、TBS阿南京子さん、
のお2人が抜けている。
局から振られての「はいっ」の第一声だけで
このお2人ならわかるもんなぁ... (^_^)

ゲーム

売上回数とも前年比1割減、ロング率は2割減

リーマン・ショック以降、
この業界にも深刻な不況が襲ってきた。

3月から5月までの3ケ月間の売上、総回数、
ロング率などを計算してみた。
ロング率は、1回4000円以上をロングとして回数を記録し
総回数で割ったものだ。

結果、前年比で、売上と総回数がほぼ1割減、
ロング率はほぼ2割減と、
世間の不況の状況を如実に反映した。
100年の1度の大不況の中での1割減なら、
まだマシなのかもしれないが、
5月単月なら前年比2割減だから、
この先にまだまだ続きがあるのかもしれない。

ロングはそれ自体に時間がかかるので、
ロングが多いと総回数が減る。
なのに、ロングが減っているのに回数も減るってのは
それだけ問題の根の深さを表している。

嗚呼、どこまで続くぬかるみぞ (^_^;;;
読書だけはできる、
とポジティブに考えるべきなのか、ね。
と、つい先日も同じことを言ったなぁ......。

車(セダン)

サイアクな金曜夜

この商売で金曜の夜は、いまや唯一稼げる日なんだけど、
昨夜はサイアクだった。

GW真っ只中のせい? ったって、
給料日から1週間もたってないのに
街にはほとんど人がいない。
待機所には人が出てこない。
タクシーだけ、延々と列をなしている。

で、売上げは、平日夜の目標額すらあっさり下回り、
金曜夜でのサイアクを記録した。

金曜夜よ、おまえまで...。
嗚呼、どこまで続くぬかるみぞ (^_^;;;
読書だけはできる、
とポジティブに考えるべきなのか、ね。

車(セダン)

某新聞記者をお乗せした

朝一の待機場に、
朝帰りには珍しく足取りのしっかりとしたリーマンが
近づいてきて、オレのクルマに乗った。

2000円くらいの距離のコンビニの駐車場まで行って、と。
さらに
「駐車場でしばらく待っててほしい。30分か1時間か」
とおっしゃる。
それだけ待つのなら身分証かなにか確認したいと言うと、
名刺をくださった。

某大手新聞社地方支社の社会部記者とある。

記者氏、コンビニ駐車場でお下りになって約30分後、
欽ちゃん走りのような横走りで戻ってきて、
「あのクルマを追って!」
と。

おお~、これは面白くなってきた (^_^)

が、しかし。
当該のクルマは最寄りの駅へと向かっている。
旦那さんの送りだな、これは。

はたして、記者氏、
駅の降車場が見渡せる場所でオレのクルマを停めて、
「前のクルマから人が降りたら、扉を開けて」
と。

その通りにすると、
記者氏、ささっと足早に前の人に近づいていき、
駅構内に一緒に消えていった。

記者氏の地方とこの近辺が絡む事件かしらん。
聞いたことないなぁ。
これから表面化するのかも。
注視しとこう。

車(セダン)

ひさびさにノンストップ営業したものの...

昨夜は夕方からの雨という理想的な天気で、
ひさびさにノンストップ営業となった。
が、回数は重ねるものの売上げは伸びない。

なぜか?
そう、金額が小さいのだよ、トホホ (^_^;;;

なんと三桁が8割!
残り2割も、頭が3000円台前半が1件のみで、
残りは1000円台ばかりだから、
1回辺りの売上げも1000円を下回ってしまうぅ。

回数勝負で売上目標はようやく確保したものの、
身体は激疲れ。
ふだんのまるっきりの暇よりはよほどいいけどねぇ...。

車(セダン)

セブンの両替サービスを使ってみた

ここで触れたように、
最近は小銭の減りが少なくなったのだけど、
それでも、100円玉の消費はそこそこあって
昨日、ストックが底をついた。
10円玉はまだ7本も残っているから、
100円玉だけ4、5本両替するんじゃ手数料がもったいない。

で、一部セブンイレブンに導入された両替機を試すことにした。
柏4丁目店までウォーキングのついでで行って、
さっそく使う。
ものの1分で4本の両替完了。
手数料1本50円合計200円也。

銀行だと1000枚(20本)まで420円なので、
少量の両替ならセブンの方がお得だね。
なにより時間がかからないのがいい。
銀行は手数料を取るくせに、
下手をすると20分!くらい待たせるからなぁ。

車(セダン)

[過去タクシー]

某芸能人をお乗せした

とある居酒屋に無線で呼ばれた。
乗ってきたのは中年の男性2人組。
1人はかなり酔っている。

別の飲み屋への移動ということでクルマを走らせていたら、
無線室から「上着を間違えてないか?」と。
酔っている方が上着を間違えたらしいのだが、
すぐには確認できない、ってんで
先の店に戻ることに。

戻って、酔っている方が店に入ると、もう1人の方が
「彼、知ってる? けっこうテレビに出てるよ」
と。

はいはいはい、あの人ね (^_^)

けど、いまはただの酔っ払い (^_^;;;
他人の上着と自分の上着を2枚重ねていた。
ってのに、すぐに気が付かないくらいの。

今夜は同窓会だったそうで、
気のおけない友人たちと存分に飲み狂っているんだろう。
もう十分にその人とわからないくらいに酔っ払っているので、
このあと面が割れる心配もなかろう。
でも、オレはしっかと記憶したぜ。

車(セダン)

[過去タクシー]

デジタコ、導入

デジタル・タコグラフ、略してデジタコが導入された。
運転や営業の状況をデジタルで記録するものだ。
いままでのアナログ式とは違い、
データをコンピュータで様々に編集加工することができる。

面倒そうだが、乗務員にとってはやさしい。
出庫の際にカードを挿入して、営業して、
帰庫してデータを書き込んでカードを抜き取る。
ついで、フロントで本社のコンピュータに
カードのデータを書き込んで終了。
自動的に日報がプリントアウトされる。
売上や指数計算といった面倒がなくなったのはいい。

日報の下の方に3つの評価欄がある。
営業評価と、運転評価が実車と空車とで都合3つ。
コンピュータさまが評価を下すのだ。

営業評価は売上金額で決まる。
まだBより上を見たことがないのが悲しい。

運転評価は、速度や加速度、速度違反などなどで決まる。
営業評価が最悪の日に運転評価(実車)がAだったのが笑える。
近場ばかりで全然スピードを出せなかった日だ。
この日の運転評価(空車)はC。
お客さまを下ろしたあと、必死こいて待機場に戻ったんだね (^_^;;;

トラック業界ではエコ運転の指導などにも使われるデジタコだが、
タクシーではどうなるのか。
いまいちその真意をつかめないでいる。
実施したばかりなんで、
これからなんだろうけど。

車(セダン)

[過去タクシー]

オーバーヒートでちゃがまるの巻

なにせ50万km以上を走っているクルマだ、いま乗っている営業車は。
いつ何が起きてもおかしくはない。
けどオレが運転しているときには起きてほしくない。
お客さまが乗っているときだと最悪だ。

が、昨夜、お客さまを降ろした直後にそれは発生した。
アクセルを戻すとカラカラと異音がする。
変だなと思いながらも待機場所へと戻っていたら、
いきなりエンジンが停止。

あ、これはオーバーヒートだ、と
気づいた位置が駐車場出口という最悪の場所。
なんとかエンジンを再起動して
クルマを安全位置で停めて会社にSOSを通知する。

いや~、ちゃがまったちゃがまった。
「ちゃがまる」という、幼少の頃よく使った言葉を
ふと思い出してしまうのがおかしいね。
けど、いまの状態を示すのに、
これだけ適切な表現はな~いっ!

ほどなく救いのクルマが現れ、
ロープで牽引してもらって社の整備工場に入れた。
ほっ (^_^;;;

いや~、お客さまが乗ってないときでよかった。
会社の近くで、ほんと、よかった。

車(セダン)

[過去タクシー]

小銭ばかりが増えていく

昨夜は、今年最後の出勤日。
2年前の同じ日にはこ~んな景気だったのに、
今年はダメ。

大きいのがまるで来ないんだよね。
マンシュウなんてとてもとても。
今月になって、師走だというのに、
マンシュウは1件のみだもん、あきまへんわ。

だいたいが札で払う方が少ない。
だもんで、小銭入れに小銭ばかりが増えていく。
両替に行く手間がなくて、ま、これだけはいい。

100年に一度という大不況、
相当に厳しい冬、必至だ。

車(セダン)

[過去タクシー]

12月の賞与支給日後の週末とは思えない寒さ

昨夜は賞与支給日後の初の終末。
年一番の稼ぎ日と勢い込んで仕事に入った。

去年も一昨年も、この日は
通常の売上目標の倍を稼ぎ出している。
気合いが入るのも無理はない。

が、さっぱり。
23時頃までさっぱり動かない。
いつもの年なら酔っ払いがやたら手を上げてくるものだが、
だいたいが浮かれて歩いている輩がいないのだ。

23時を過ぎて動き出したものの勢いがない。
近場ばかり。
運にも見放されているのか。

結局、この日の売上は通常目標レベルに終わる。
アタマが4000円ちょうどで、
なにより回数が少なすぎる。

師走としてはめちゃ暖かい夜だったが、寒すぎる。
リーマン・ショックからこっち、沈み込む一方だ。
本当に寒くなるこの先、どうなるんだろう...。

車(セダン)

[過去タクシー]

某関取をお乗せした

夕方、無線の指示を受けお客さまの元へ。

お、大きいっ!
小山のような3人がオレのクルマに乗ってきた。
真っ先に乗った背の高い方はチョー有名な某関取。

付け人2人と荷物を併せ約450kgがオレのクルマに。
お、重いぜっ!
発進時にサスがキシキシと音を上げている。

真面目イメージのこの関取、
車中での付け人との会話はいまいち。
悪口ばっかだもんなぁ...。

と、
前方に右折のタイミングを悩んでいるクルマあり。
関取思わず

「なにやってんだよ、行けるだろ、さっさと行けよっ!」

と、お吠えになった。

お~、こわ。
もうこの関取の応援は止めようっと (^_^)

車(セダン)

[過去タクシー]

祝) 50万km走破!

会社で主に乗っている営業車が
このほど総走行距離50万kmを達成っ!

平成11年に初年度登録だから、
約9年で50万km、年平均5万km強かぁ。
怠慢な俺が担当になって、めっきり走行ペースが鈍ったけど、
ま、亀さんペースでも日に200km近く走れば
年5万kmはいける。

うちの会社では、
おおむね50万kmを超えた次の車検で廃車にするので、
このクルマも今年12月の車検時までで終わり。

アクセルを踏み込んだ時の伸びのよさはまだまだだし、
新車は助手席が通常シートで狭くなるしで、
(いまのクルマはベンチシートで広い)
いまのクルマは気に入っているんだけどなぁ。
でも、おシャカだろね。
残り数ヶ月、しっかりと大事に乗ろう。

車(セダン)

[過去タクシー]

相乗りはデカくなる

リーマン氏が高そうな飲み屋から3-4人相乗りすると、
行き先を聞く時はけっこうドキドキする。

「まずは外かんに乗って川口中央で下りて」

と言われたのは、昨夜3人で乗ってきたリーマン軍団だった。

「まずは」ということはその後もあるのか、
と、常磐道から外かんを走り川口中央ICで下りた。
さらにクルマは北へ向かい、
1人めが下車したのはさいたま市内だった。

ついで、クルマは国道17号線に入り都心へ向かう。
板橋区内に入ったところで2人めが下り、
残った方がこうおっしゃった。

「この先の板橋本町から首都高に入って、
 山手トンネルを抜けて中央高速を走って」

と。
え、え~っ!
すでにマンシュウを大きく超えている。
中央高速をどこまで行くのか?

「稲城大橋を渡って、その先はずうっと相模原方面へ」

と。
結局、3人めのお客さまが下りたのは、
東京と神奈川との堺、その名も多摩堺。

相乗りはデカくなるものだが、
こうまでデカいのは初めてだ。

1回の売上金額はこの時を超え、
1日の売上金額もこの日を超え、
それぞれ過去最高を記録した。
ふうっ、激疲れ。

車(セダン)

[過去タクシー]