祝)半年で徒歩2000km踏破!

一昨年(2006年)10月からはじめたウォーキング、
今年1月からの半年で初めて2000kmを踏破!

2007年1-6月、7-12月はともに1900km余りだった。
もっとも、後で計算してわかったんだけどね。
今回は毎月の記録を通算していたので、
6月は350kmを歩けば達成するとわかっていた。

もっとも、前もってわかっていても、
雨で歩かない日も生じるので、
1日平均11kmのペースを続けていくのはけっこう難しい。

それでも、昨日の雨にも傘をさして6kmを歩き、
今日は10kmちょうどを残すのみ。
仕事を終えてからさらっと14kmを歩いて記録達成した。

さぁっ、これで半分。
昨年1年で3800km余りを、
なんとかして今年は4000kmにしたい。
歩く時間を見つけるのが一番の難だが、
あと半年2000kmを達成して、
年間4000kmを歩くぞっ!

キロ数だけで日本縦断だぁっ (^_^)

あ、まずはこれを再開しなくっちゃなぁ... (^_^;;;

足

ひさびさのゴルフは120の王! おおいにヘコむ (^_^;;;

7年振りのゴルフ。
あわてて練習に2回行ったものの、当たるわけがない。
パット下手は元々だが、
以前はまともだったショットに不安があったんじゃ
どうなることやら。

おおいなる不安を抱えながら、1stホールロングの第1打を放つ。
奇跡の軌跡を描いてボールはフェアウェイに。
第2打第3打も奇跡が続きパーオンに成功。
をいをい、これはどうなるんだ。
7年の時間を経てもオレってすごい!?

そんなこたぁない。
あえなく3パットでボギーをたたき、
2ndホールでは第1打をOB...。
収まるべきところに収まったというべきで、
それ以降はもうメロメロ。

結果、62+62=124という、
かつてゴルフにハマった頃には見たことのない120の王と相成った。

課題は多々あるが、
かつて得意だったバンカーで都合13打もたたいたのが最もイタかった。
パーオンが7ホールあったのにも関わらず、
パーが1つだけというパット下手もひどい。
アプローチもひどいし、
SWでのシャンク病ってのもあった。

このままでは終われない。
このコンペは秋にもあるので、
なんとかリベンジを計らねば。
嫌いな練習にも行くぞっ!!

ゴルフ

今期最後の蔵王は雪、曇り、晴れ。ついに1級合格っ!

いよいよ検定だ。
今期はこれで最後なので、
1級合格のチャンスもこの一度きり。

気になる天気は、初日は雪。
暖かい。
いまにも雨に変わりそうな気温+3度だが、
辛うじてミゾレ混じりに踏みとどまる。
骨盤を回すプルークを中心に、基礎練習に没頭する。

2日めは曇り。
時折り日が差し込む気温-2度は絶好の天気の予感。
中央ゲレンデより上は、案の定、
最高の雪質だった。

DSCN1450.jpg

午前中は、コブ斜面を中心に
不整地小回りを徹底的に滑り込む。
整地小回りも忘れないように混ぜ込んで滑る。

で、いよいよ検定へ。
大回りを無難に70点で終えたものの、
中回りの最初のターンでミスし69点。
整地小回り70点、不整地小回りも70点で乗り越え、
最後の総合滑降は、前半を大回りでスピードに乗り、
後半を中回りでいっきにゴールラインに飛び込み71点。

合計350点は、1級の合格点ぎりぎり。
でも合格は合格っ!

DSCN1458.jpg

今期の目標は、スキーに関してはクリアした。
合格した時期が遅かったために、
もうひとつの目標「スノボで2級合格」は
来季へ繰越しとなったものの、
ま、1つでもクリアできてよかったぜ。
ふうぅっ......。

スキー

ハンターMt.は絶好斜面なのに、俺はボロボロ

昨日降った雪が朝の冷気で締まり、
今日のハンターMt.は、
この時期としては珍しい絶好のコンディション!

だが、俺は絶不調... (^_^;;;
悪いクセのオン・パレードで、
大コケもしてないのに帰宅後に右肩が痛むなんてのは、
よほど変なところに力を入れて
滑っていたのに違いない。

1人で滑ると、
ど~んどん悪い方へと行っちゃうんだよなぁ。

カメラも忘れたので、
すばらしい景色も撮れずじまい。

来週は検定。
なんだけど、この調子じゃ
1級合格なんざ夢のまた夢。

スキー

グランデコは雪、晴れ。ガンガンに飛ばしまくる

またも甥のエスティマを借りて、
今度は6人で裏磐梯のグランデコへ。

ホテル・グランデコに着いたのは3日の夕方で、
当初、夕飯は外で食べるつもりだったが、
どうせ飲むのだからと、コンビニで酒と食料を買い込んで、
ホテルの部屋で宴会をすることに。

翌朝は晴れ。
空気が凛としている。
が、じきに晴れ間は隠れ雪となる。

DSCN1442.jpg

グランデコは9割以上が緩斜面で、
今回は小回りの練習と意気込んできた割には
やや肩透かしを喰らった感じ。

モーグルとセンターコース最後の壁の
わずか2つの斜面だけがいい感じなんだけど、
前者は滑った後に、後者は滑る前に、
延々と続く緩斜面がかったるくてしょ~がない。
でも、ま、やるっきゃないとばかりに
この2つの斜面を交互に滑りまくる。

2日めの朝も晴れ。
だ~れもいない斜面を、本当に1人だけで滑る。

DSCN1445.jpg

いつしか小回り練習のことは忘れ、
ガンガンに飛ばしまくるただの暴走スキーヤーに。
だって、気ン持ちいいんだも~ん (^_^)

昼まで滑って帰路へ。
猪苗代の喜多方ラーメン屋「来夢」で、
醤油ラーメン大盛と野菜ギョウザを。
人気店らしいが、
いたって普通の味にまたも肩透かしの気分。

う~ん、小回りの練習のために、
来週あたり日帰りででも組まなくっちゃなぁ...。

スキー

初めての小海リエックスは吹雪、晴れ。晴天率75%に偽りなし

この週末は小海リエックススキー場へ

土曜朝は晴れ。
ものすごく硬いバーンに驚いていると、
リフトで一緒になった地元の女のコに
「今日はこのあと荒れますよ~。でも明日は新雪のパウダー」
と教えてもらう。
昼ごろになって一天にわかにかき曇り、
たちまちのうちに吹雪となった。

硬いバーンにはみるみるうちに雪が降り積もって柔らかくなり、
吹雪とはいえ、蔵王のそれに比べればたいしたことないと
存分に滑りまくる。

翌日は晴れ。
「晴天率75%」を公言するだけある。

DSCN1436.jpg

風が強いもののリフトが運行停止になるほどではない。
新雪がほどよく積もって、低温の強風に適度に雪が飛ばされて、
抜群のパウダースノウ状態に。
酔うように滑りまくる。

蔵王の最後に一筋の光明を見出した小回りを中心に練習するも、
ここには不整地なんかあらへんやん、
と新雪パウダーの上をすっ飛ばして滑りまくる。

DSCN1441.jpg

昼まで目一杯に滑ってから帰途へ。
関越回りなので早く早く。
下手をすると藤岡JTからずうっと渋滞だもんなと
上信越道から飛ばしまくって関越に入る。

なんと、関越は空いていて、
あっという間に柏ICに帰り着く。
小海を出てから3時間ちょっとだもんなぁ。

いつも帰り道がこれだけ空いていれば、
晴天率75%だしで、
ここ小海リエックスも有力だな。
ま、次回どうなるかは神のみぞ知るだが...。

スキー

今期2度めの蔵王は吹雪、雪、くもり。1級受験はまたダメ

今期2度めの蔵王はひたすら寒かった。
特に1日めの吹雪!

最高気温の予報からマイナス7度だったから
それなりに覚悟をしていたものの、
山頂の温度計はマイナス11.6度を指している。
その上に強風が吹きまくっているのだから、
体感気温はマイナス15度を下回っただろう。

2日めに風は止んだものの雪は降ってきている。
午後になって雪は止み、バッジテストに突入する。
前回あと一歩まで迫ったものの、
今回は1日めも2日めもズタズタのボロボロ状態で、
どうやらこの時にスノボをしたバチがあたったに違いない。

テストは最初に苦手の不整地小回りで
しかも先頭というプレッシャーの中、
予想通りズタボロに。
結果、今回は5種目とも合格点に達しないというふがいなさ。
あ~あ、まだまだ修行が必要だね (^_^;;;

3日めは曇り。
前2日に比べ、段違いに暖かい。
もっとも、そのせいかガスが深い。
それでもだんだんと天気がよくなってきて、
帰る日に晴れるという蔵王の法則は今回も生きていて、
まさに引き上げる頃に晴れてきた。

DSCN1418.jpg

この日の練習で苦手の不整地小回りに
一筋の光明を見出したのは
次回への手がかりにきっとなるだろう。
と思い込んで精進するしかないよなぁ... (^_^)

スキー

今期初スノボは水上宝台樹で雪の2連発を喰らった

蔵王での1級取得に失敗した記憶は鮮明だが、
今回の水上ではスノボをやると決めていた。
なぜなら、クルマに俺のスキーが載らないため。

甥の8人乗りのエスティマに7人が乗って水上温泉に向かう。
キャリアにはスキーが6組、7組めは無理なので、
両刀使いの俺がスノボを持っていくことにしたという次第。
スノボは座席とボディの間にはさみこむ。
エスティマの驚異の室内空間の広さは、
7人のブーツ&荷物も飲み込んだ。

夕方、宿に着く。
メンバーの1人の親戚が勤める会社の保養所は、
なんと1泊2食温泉付きで1人3000円!
ワインもビールも酒屋の店頭価格で、
食事もかなりのものなので、
ほとんど関わったことのないその会社に
恐れ多いことこの上なしだ。

翌朝は雪、無風なのが幸いだ。
久々のスノボは、やっぱ気持ちいい。
スキーにはない開放感に浸りこむ。

第9クワッドで最上部へと向かう。
おお、これが前週までの2週間を運休して
Yahoo!掲示板などで話題になっていたリフトか。
なるほど、これが無いじゃぁ
ここのスキー場のコースの3分の1がなくなるわけで
告知が不十分だとそりゃ顰蹙をかうよな。

DSCN1355.jpg

開通後にきた我々は、その恩恵をあずかり存分に滑る。
新雪の深雪にやや板をとられながら (^_^;;;

午後、皆と別れて第9クワッドからのコースを
ガンガンに攻めまくり、ド派手にすっコロぶ (^_^;;;
スノボならではのコケ方。
スノボはこうでなきゃ。

2日めも雪。
前の日よりも強い降り。
前夜から15センチは積もっている。
宿の駐車場からクルマを出すときに
6人力を借りる羽目に (^_^;;;

前日の最後の2本の攻めまくりの影響が足に残る。
年だなぁ...。
ずうっと皆と滑ることにした。

DSCN1413.jpg

ちょうど正午まで滑って昼にして、
その後、帰途につく。
水上ICの近くまで続く下り坂の雪道に往生するも、
高速に乗ってすぐに快晴に変わる。
あっという間に家に着いた。

スキー

蔵王は吹雪、雪、晴れ。1級取得はならず (^_^;;;

今期初の蔵王は、初日に猛烈な吹雪。
前夜に東北道白石ICから通行止めだったから、
夜が明けても吹雪はしょうがない...。

夕方、上がる頃にようやく日が照ってきたものの、
初日はほぼ吹雪の中で凍える1日だった。

2日めは雪、風がやんで心地いい。
けど、この日は1級検定の日。
心は緊張で苦しい。

午後になって、今回蔵王でのメイン1級検定に突入する。
大回り、フリー滑走、整地小回り、中回りとまあまあで進み、
課題の不整地小回りの途中で飛んでしまう。
なんとか抑えて転倒は逃れたものの、
後半は小回りというよりは中回りにふくらんでしまう。

結果、1級には不合格。
前4種目の得点が合格点ぎりぎりの70点ちょうどで、
最後の不整地小回りが合格点に1点足りない69点!
合計でわずか1点足りず。

まあまあの前4種目で
合格点を数点でも上回る点を得られなかったのが
そもそもの敗因だな。

皮肉なことに、検定が終わった頃より晴れてくる。

DSCN1282.jpg

3日め最終日も晴れ!

DSCN1291.jpg

朝一で樹氷原に向かう。
幸いなことに、山頂へ向かうロープウェイはまだ空いていて
山麓線、山頂線ともに待ち時間はなし。

DSCN1306.jpg

山頂は、ややガスっているものの、
胸から上を雪上に出したお地蔵さんが迎えてくれる。
樹氷はもうすこしといったところ。

だ~れもいない樹氷原コースから黒姫コースへと
ひたすら滑りまくるっ!

DSCN1316.jpg

もう、最高っ!
次回検定のことも忘れ、
ただただ楽しんで滑る。

集合時刻ぎりぎりまで滑って帰途に。
さすがに疲れた。
次は受かんなきゃな。

スキー

今期2度めは会津高畑。湿雪、吹雪、高曇り

今期のスキー第2弾は会津高原高畑スキー場

西那須野塩原ICから80kmも走るということで、
いままでは候補にすら上がらなかったスキー場だったのだが、
ご一緒する面々が行くならしょうがない。

いまどき珍しいスキーヤー・オンリーのスキー場。
そのせいか、技術選手権大会やらスキーの指導員の研修会が行われたりしてて、
滑っているスキーヤーのレベルがやたらと高い。

俺はというと、
どうやら年末のかぐらで浮かれまくったツケか、
異常な高温下での湿雪のせいか、もうボロボロの滑り。
ご一緒した指導員の方からは「点数にならない」との酷評をいただく... (^_^;;;

2日めは吹雪。
リフトが辛い、滑るのも辛いと、
1日が過ぎるのを亀のコで待つ1日。

DSCN1265.jpg

3日めの最終日に、ようやく天国のような高曇りがキタっ~!
気温もマイナス5度くらいで、雪はさらさら。
ここぞと滑りまくる。
ブーツにスネをあてまくって前へ前へと滑る。

いやはや、最後の1本の急斜面で
やっと満足のいく小回りを得た。
ほっ (^_^)

ま、さ来週の蔵王では、
また1からのスタートなんだろうけどね (^_^;;;
まだまだ、だなぁ。

スキー

今期初スキーは晴天のかぐらで滑りまくりっ!

昨日は今期の初滑り。
曇りの予報だったけど、朝焼けがきれいで、
関越トンネルをくぐったあとも晴れていた。
すばらしい1日になりそう。

DSCN1255.JPG

はたしてこの天気。
いやいや、かぐらの天気は急変する。
事実、過去2回のかぐらはいずれも吹雪だったもんな。

DSCN1256.JPG

が、昨日はちが~う (^_^)
すこし小雪が舞う時間帯があったものの、
総じて晴れ。
人がいないのも加えて、もう存分に滑りまくった。
おかげで、午前中には膝が笑う状態に (^_^;;;

DSCN1257.JPG

ところで、今回ご一緒した知人は、
行き帰りの高速でETC割引を駆使していた。
けっこうあるもんだなぁ、ETC割引。
最後の柏ICでノーマル料金のコールがあると残念に思うほど。
俺もしっかとETC割引信者になっちまったぜ (^_^)

付けたはいいけどまだ一度も使ったことのないETC。
今度、割引をきかして使うぞ~っと。

スキー

てくてく水戸街道 第4回(土浦→牛久)

だんだんとその日の起点が自宅に近くなってきたので、
今日はこの時間の電車でいい。

IMG_0677.jpg

土浦駅から亀城公園へ歩いたあとで、
旧水戸街道へ入る。

IMG_0687.jpg

城下町土浦の中心街は、堀が多い上に、
やたらと曲がり角が多い。

IMG_0688.jpg

今日は曇り。
銭亀橋を渡る時にうっすらと筑波山を望むものの、
ほんとうに薄い。
おまけに薄ら寒い (^_^;;;
心は晴れない...。

昼は、荒川沖の「珍来」で。
チャーハンにギョーザで970円也。
喰ったあとにすぐキューバ料理の店を発見。
しまった、こっちにしとくんだった。

ずんずんずんずん歩いていくと、
今日も気になる側溝の蓋。

IMG_0692.jpg

なぜか、今日の道では茨の字がきれいに残る蓋が少ない。
上は、たまたま見つけたきれいな字のもの。

IMG_0693.jpg

中根の一里塚から牛久市に入る。
牛久市は、いまどんどん宅地開発が進んでいて、
この一里塚も、あわれ若干削られている。
そっち側から撮っとくべきだったな。

牛久市街に入るすこし手前のこのカーブには、
昔から「山岡家」がある。

IMG_0694.jpg

おそらくは「山岡家」の原点の店だろうと思う。
ひと昔前には、
吉野家や珍来やそば屋なんかもある一大食堂街でおおいに繁盛していたものだが、
いまは閑散の状態。
さびしいね。
素通りする俺が言うこっちゃないか。

牛久駅に着いたのは午後2時ちょうど。
2万2千歩16km余りだった。
次回は、牛久発自宅までの約20kmの予定だけど、
藤代から先の取手市街を左手へ大回りするので、
25kmくらいになるかも。

てくてく水戸街道 第5回に続く場合は、つづく

晴れ

tekuusiku.jpg


[過去のてくてく水戸街道]

てくてく水戸街道 第3回(石岡→土浦)

いつも同じ時計からじゃなんなので、
今日は、ちょうど入線してきた特急を撮ってみた。

IMG_0595.jpg

石岡まで電車で行って、すぐに歩きはじめる。
石岡は蔵の街で有名で、
そんなに歩かないうちにこ~んな立派な蔵が出現した。

IMG_0600.jpg

左右に古い家並みを楽しみながら石岡の町を後にする。
その町境にある歩道橋の上から、遠く筑波山を望む。

IMG_0604.jpg

今日も、雲ひとつない晴天だ。
で、下を見ると、
今日も側溝の蓋が気になる。
けっこうバリエーションに富んでいるのだ。
こ~んな具合に。

mizohuta.jpg

筆文字や極太ゴチック、
右下のヤツは県のマークかしらん?
あ、違うな。
いま県庁のサイトを見たら、
県のマークは、丸の上半分が渦巻きのものだった。

IMG_0607.jpg

千代田の一里塚を過ぎて旧道に入ってすぐ、
異常に駐車場が込んだ店があった。
なんだろう? と6号線側に回ると
「がんこや」というラーメン屋だった。

当然入る。
まだ11時半なのに満員で、やっとのことで座る。
厨房の三方を椅子席で囲っているのだけど、
厨房の中がやたらと元気がいい。
ネギラーメン600円也。
こここことも違うスパイシーな味は
軽くって毎日でも食べられそう。
うぅぅ、もう少し自宅に近ければなぁ。
きっとまた来るぞ。

旧稲吉宿を通る旧道は6号線とほぼ平行のためなのか、
やたらと飛ばすクルマが多い。
幅が狭い坂道で土砂満載のダンプに横を走られた日にゃ、
肝が縮むよなぁ。

IMG_0610.jpg

肝が縮んだあとに、
ほっとするような水桶がひとつ。

とことことこと歩いていって、
ついに土浦市に突入した。
市の入り口で「板谷の一里塚」が迎えてくれる。

IMG_0616.jpg

ついで、旧真鍋宿の古い家並み。

IMG_0617.jpg

仕上げは、土浦の中心街にある蔵作りの家並み。
中でも、矢口酒店の黒い蔵は、なかなかに格好いい。

IMG_0618.jpg

今日も約15kmの筈だったのが、
歩いてみると2万7千歩約20kmも歩いている。
次回は、土浦から牛久あたりまでの約15kmなのだが、
歩いてみるとまた20kmなんだろうなぁ。

てくてく水戸街道 第4回に続く場合は、つづく

晴れ

名称未設定 1のコピー.jpg

[過去のてくてく水戸街道]

てくてく水戸街道 第2回(小幡→石岡)

2日目。
今日もこの時計からはじまる。

IMG_0532.jpg

今日は、昨日よりも1本遅い電車で石岡へと向かう。
利根川を渡る橋からは、
今日も富士山が見える。
カメラを構えたが、さすがにちと遠いか。

IMG_0533.jpg

石岡発10時45分のバスに乗って、
昨日の終点小幡に着いたのは11時を過ぎた頃だった。
ちょうど、小幡千貫桜という名所のようなものがあるので、
ここを今日の始点とする。

IMG_0535.jpg

旧小幡宿を粛々と歩く。
道沿いには、間口10間奥行50間くらいの土地に
建屋数軒といった豪邸が続く。
かつての繁栄が偲ばれる。

小幡宿を抜けたあたりにあった石船神社が、
この独特の色合いでじつに渋い。

IMG_0538.jpg

ところが、
この神社から6号線を横切ってものの1kmもいかないうちに
またまた石船神社が現れた。

IMG_0540.jpg

こっちは、南の川に面していて
社前にケヤキの大木もあって派手派手なたたずまい。
わずか1km内にある同じ名前の神社が、
明暗対称っていうの、面白いね。

この辺りは堅倉という元の宿場で、
「かど家」という宿屋は、
文字通り、道の角にある。
宿屋自体は別の場所で営業中という。

IMG_0542.jpg

6号線に入り、「香味坊」という中華屋で昼を喰う。
五目チャーハン700円也。
おまけに餃子が3ケ付く、ラッキ~ (^_^)
火をうまく制した感じの中国風チャーハンは
なかなかの美味。
歩き疲れてなんでもうまいのかもしれないけどね (^_^;;;

6号線を竹原で右折して石岡市街へ。
2日連続のウォーキングは思った以上に身体を痛めていて、
足が重いことおびただしい。
この間7-8km、写真すら撮る余裕がないのだから、
まだまだ修行が足りない。

やっとのことで、最終目標「石岡一里塚」にたどり着いたのは、
午後2時半になんなんとした頃だった。

IMG_0544.jpg

15kmのはずが、思った以上に歩数がすすんで
約2万4千歩19kmも歩いた、ふぅぅぅ...、マジ疲れた。
1日の総歩数も2万8千歩を超えている。

次回は、石岡発土浦までの約15kmを歩く予定。
なんとか今月末には実施したいなぁ。

てくてく水戸街道 第3回に続く場合は、つづく

晴れ

[過去のてくてく水戸街道]
 
てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)


てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)

急きょ2日の休みを取って、
かねてより宿題としていた「てくてく水戸街道」を
実施することとした。

旅のスタートは、
知ってる人は知ってるこの時計から。

IMG_0508.jpg

前夜の雨が上がった後のとてつもない快晴。
水戸に10時半に着く電車でまずは水戸駅に降り立つ。
桜川にそって歩き、
土手沿いのサクラに目を奪われる。

IMG_0510.jpg

水戸はウメで有名だけど、
このサクラも一見の価値ありだな。

で、いよいよ「てくてく水戸街道」のはじまりはじまり~。
桜川から水門橋を渡り500mほど歩くと、
江戸街道起点の鎖魂橋に到着。

IMG_512.jpg

さぁ歩くぞ。
まずは石岡までの35km。
まぁ、たぶん途中でネをあげるだろうが、
できるだけ石岡まで近づきたい。
と、黙々と歩く。

IMG_0516.jpg

最初の目標の「吉田一里塚」を
歩きはじめて約1時間後の11時半に通り過ぎる。

そろそろ昼飯の時間だと、
回りに飯屋を探して歩くものの、
これが適当な店屋がない。
せっかく水戸街道を歩いているのだから、
できれば地元の店で食べたい。
が、食べ物屋ってのはほとんどなくなっているんだよね。

歩いているうちに、
道の側溝のコンクリート蓋に
丸に茨のマークがあるのに気づく。

IMG_0520.jpg

それも比較的古い蓋に。
かつて、県道だかの証明にこのマークを付けたんだろうね。

昼を食べないままに延々と歩いて
旧長岡宿のそばの涸沼川を渡る。

IMG_0526.jpg

この辺の旧道沿いの商店街はまさにシャッター通りとなっていて、
特に食べ物屋がないのは寂しいかぎり。
新道沿いに大手の店はあるのだけど、
今回は、できるだけ旧街道を歩きたい。

が、小幡千貫桜で思わず立ち止まる。
水戸から約20km歩いてきたものの、
石岡まではまだ15kmを残している。
午後2時を過ぎて腹もへって体力も限界。
旧道は、ここから左折して旧小幡宿へ向かうが、
バスはバイパスを通っている。

IMG_0527.jpg

結局、食欲に負け、バイパス沿いの
茨城小幡バス停のすぐ先の「山田うどん」に入り
昼飯をかっ喰らう。
今日はここで止め、明日に引き継ごう。

食後バスに乗って石岡駅でJRに乗り帰宅。
初日の記録は、歩数約2万5千歩、距離20km。
1日の総歩数は2万9千歩に達した。
めでたしめでたし (^_^)

明日は小幡千貫桜バス停までバスで行って、
旧小幡宿をまわり、石岡駅までの約15kmを歩くとしよう。
街に近づくので、飯で苦労することもないだろな (^_^;;;

てくてく水戸街道 第2回に続く場合は、つづく

晴れ

祝、ウォーキング1周年!

厳密には、
歩数計を買って記録を付けはじめてから1年なんだけど、
歩きはじめた日が正確にわからない。
ま、明確な方がいいっつうことで、
今日10月9日を俺のウォーキング記念日と定め、
この1年を振り返る。

1年でなんと480万歩、3800kmも歩いた。
1歩も記録してない日はわずか7日のみ。
毎月300km以上を記録し、
一ヶ月の最高は350kmの今年3月、最低は先月の302km。
先月は台風とぎっくり腰の影響が大きかったw

とはいえ、そもそもの動機がダイエット目的だったのに、
この1年、体重の増減がまるっきりなし。
歩く分、喰って飲んでるせいだよなぁ。
いかんなぁ... (^_^;;;

でもま、それなりに贅肉は取れただろうし、
なにより野球のバッティングが好調なのは、
ひとえにウォーキングの効果に違いない。

いまのところ止めようという気も起きないし、
歩き遍路挑戦への足がかりにくらいになったかも。
おっと、てくてく水戸街道の宿題もあったっけな。

足

初の4番で3安打5打点コールド勝ち!

チームの人数がぎりぎりな中、
4番打者がおかまを掘られ戦線離脱してしまった。
監督は今日の試合の4番に俺をばってきし、
試合に臨んだ。

今期、俺は5試合で16打数7安打4割3分と当たっているものの、
うちのチームには打率7割で長打率5割を誇る
絶対の強打者がいてしまう。
が、彼をチャンスメーカーとする監督の基本的な構想は今日も踏襲され、
彼が3番俺が4番を打つことと相成った。

お~、このチームに入って以来、初めての4番だ。
緊張...。

で、試合は、彼が4打数3安打2二塁打、
俺も4打数3安打5打点で彼をふくめ5人をホームに帰し、
結果、14対4のコールド勝ち、監督の采配が的中した。
めでたい!

本来の4番打者が復帰するのは2ケ月後なので今期は無理、
監督は、今日の結果に気をよくして、
次の試合にも俺を4番に充てたいようだ。

ぎっくり腰 (^_^;;;は今日は出なかったものの、
様子見状態は変わらない。
次の最終戦にも出ずに、
期待にこたえられればいいのだけど、
ねぇ... (^_^)

野球

ああぁ、ぎっくり腰 (^_^;;;

昨日の野球の試合の前、
トスバッティングの球を拾った時にそれはキた!

当初は、すこしひねった程度に感じたのだが、
試合が進むにつれてだんだんと痛み出し立つのもつらくなり、
帰宅後にはトイレの往復もままならなくなった。

腰がまったく伸びないのだ。

今朝になっても同じ。
で、近くの整形外科に行く。

「ぎっくり腰ですね、4-5日は安静に」
と。

歩けるくらいだから重症ではないが、
無理をすると大事になるかも、とも。

いやいや、無理だなんてとてもできな~い。
コルセットを付け、そろそろと歩いて帰宅して、
ゆっくりと横になり、ふぅぅぅぅっ。

なにせ仕事が腰に負担かけまくりだからなぁ。
明日まで仕事を休んで、あとは様子見としよう。
野球はしばらくパスだな。
ここ11ケ月、月に300km歩いたウォーキングの記録も
今月で途絶えてしまうぅ...。

このケガがようやく治ったと思ったら今度は腰、
身体は着実に老化してるってことだね、
やはり。

病院

遠景)手賀沼からの真夏の富士

一昨日(8/13)、夕飯後のウォーキング中、
手賀沼から富士山が見えた。
真冬ならいざしらず真夏にとは珍しい。
思わずカメラを構えたが、いかんせん時間的に遅かった。

fuji20070813.jpg

で、昨夜。
まさか二日連続はないだろうと思いながらも、
早々と夕飯を終えてウォーキングに出る。
おお~、前の日よりは薄いものの富士が見える。
さっそく撮影。
いやはや、3倍ズームのコンデジでは無理があるな。
でも、記録記録。
手前のトンボがアクセントになっている。

fuji20070814.jpg

来週には父の3回忌法要がある。
席上、この写真を家族に見せるとしよう。

カメラ