てくてく水戸街道 第8回(松戸→千住)

2007年に水戸をスタートしたこの企画だが、
都心へ向かうにつれ意欲が薄れ、
松戸で止まったまま2年が経過してしまう (^_^;;;

けど、今日、ようやく再開を決意っ!
まずは、松戸駅のこの時計を。

DSC00237.jpg

伊勢丹の横を抜け旧道に入ると、
やたらと古い商家が多い。
何の店かはわからないけど、この家も、
カメラ側の酒屋さんミシン屋さんも古い立派な家並み。

DSC00238.jpg

クルマの音がうるさいので、
いっきに川沿いの道へと登る。
富士山もスカイツリーもうっすら。
写真では富士山は見えないにゃ (=^・^=)

DSC00241.jpg

葛飾橋から東京都へと入る。
ついに終わりが見えてきた。

DSC00243.jpg

昼食は金町の「四国大名」できつねうどん。
熱々の出汁がたっぷり!
うどんはこれでなきゃ。
もすこし出汁がうまければ最高点なんだけど... (^_^;;;

金町からは、国道6号線から1本外れたこの細道を行く。

DSC00245.jpg

出たっ、浜街道!
やはり、この道が旧道だった。

DSC00246.jpg

中川橋を渡る際にスカイツリーを確認。
さっきより大きくなったぁ (^_^)

DSC00250.jpg

中川橋を渡ったところのスーパーにあった水飲み場。
ワンちゃんのためと称しながら蛇口にはしっかと鍵が!
どうやってワンちゃんに水を飲ますのだろう?

DSC00251.jpg

おおっ、さすがこち亀の聖地、交機の本田の像が!
けど、バイクを降りたヘコヘコ本田より、
白バイウィリーの本田を見たかったなぁ。

DSC00252.jpg

葛飾区役所お墨付きの道を歩く。

DSC00256.jpg

けど、綾瀬に入るとお墨付きは消えた。
そうか、綾瀬は足立区かぁ。
千住新橋を渡るともう千住だ。

DSC00258.jpg

と思ったら、さっきの橋は千住新橋ではな~い。
上を高速が走っていたので千住新橋と思い込んでしまう。
橋を渡ってから駅へ向かおうと左折したら、
なぜかまだ綾瀬の町名の街ばかり。

ああ、バカ > オレ、千住新橋があんなに短いわけないじゃん!
さんざんウロウロしているうちに堤防へ出た。
これぞ、荒川。
スカイツリーにもより近づいた。

DSC00259.jpg

やっとのことで千住新橋を渡って千住宿へ。
千住宿には、やたらとモノを喰って歩く人が多い。
オレもなにか喰おうと散策するものの、
結局、なにも買わないうちに北千住駅に着いた。
2万歩約16km。
明日は、ついにゴール、日本橋へ。

てくてく水戸街道 最終回に続く場合は、つづく

[過去のてくてく水戸街道]
  てくてく水戸街道 第7回(我孫子→松戸)
  てくてく水戸街道 第6回(佐貫→我孫子)
  てくてく水戸街道 第5回(牛久→佐貫)
  てくてく水戸街道 第4回(土浦→牛久)
  てくてく水戸街道 第3回(石岡→土浦)
  てくてく水戸街道 第2回(小幡→石岡)
  てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)

teksenju.jpg

➰ ➰  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

祝)ウォーキング、3年連続で年4000km踏破!


一昨年が12月18日

去年が11月06日
に達成した年4000km、
今年は今日(12/14)達成した。
これで3年連続。

今年は、前半に母の病気でペースダウンしていたのだが、
母が回復した猛暑の夏から挽回し、
10月には443kmを記録するなどして達成。

とはいえ、これはまだ中途。
来年早々には片をつけなければ。

足 足 足

ひさびさのサイクリングで葛西「宝来軒」へ

この時にご一緒した若い同僚が、
「また行きましょう」と誘うので、
今度は方角を変えて葛西へいくことに。

布施弁天で待ち合わせ、柏CRから運河を経て、
江戸川を下っていく。
篠崎から旧江戸川に入り、二之江から環七を走り、
葛西手前の宝来軒で昼食休憩。
布施弁天からちょうど50km。

宝来軒は、長崎ちゃんぽんと皿うどんが有名。
で、ちゃんぽんと大盛皿うどんに餃子を注文する。
あとは、ひたすら食べる。
薄味で飽きが来ない味、いくらでも入る。
全1900円也、1人950円は安い。

オレは腹一杯だったが、
彼は「まだラーメン1杯くらいなら入る」と。
さすが、あのやよい軒の大盛チャーハンを
ペロリと喰っただけはある。

が、満腹だと走れないとのことで、
そのまま葛西臨海公園へと向かう。

葛西臨海公園をぐるりと回ってから、
京葉道路沿いを江戸川まで走り、そこから北上開始。
だが、この辺りはサイクリング道の整備が遅れていて、
時間と体力を喰ってしまう。

ようやく篠崎の分岐点に辿り着くが、
もはや柏までチャリで帰る体力と気力はなし。
輪行袋持参のオレは、金町から電車で帰ることに。
彼は、6号経由で帰ると。さすが、若い!

暑くもなく寒くもない絶好の天気にまず感謝。
完走できなかったオレの体力の無さに涙、涙 (^_^;;;
足が疲れたというより、サドルへ当たる尻の痛さに我慢ならないのが、
まだ救いがあるのだろか。
今日の走行距離85.2km。

レストラン

ウォーキング、4000km/年まであと1370km

今年2月に300km/月を割り込んだものの、
その後、母の病状回復とともに歩行距離も伸びて、
8月には今年最高の380km/月を達成っ!
しつつ通算でも2630km/年を踏破。

このクソ暑い中、よく歩いたもの。
あと4ヶ月間で1370km歩けば4000km/年を達成できる。
350km/月、12km/日だ。

にしても、なんっつう暑さの連続。
もすこし涼しくなってほしいなぁ... (^_^;;;

足

ひさびさにウォーキング月間300kmを割り込む

今月は、そもそも28日と日が少ないし、
それに母親のことやオリンピックなどの難敵が加わり、
ずうっと続けていた月間300kmのウォーキングが
とうとう途切れてしまった。

なんとこの時以来1年半ぶり。
月半ばでヤバいと思ったものの、
月後半にはじまったオリンピックがダメ押しに (^_^;;;

このペースでは、3年連続の年間4000kmにも
尻に火がついた感。
オリンピックも終わることだし、
来月にはペースを上げよう。

足

街でばったりかつての同僚に会った

ウォーキングの最中、
すれ違おうとしたおじさんが突如、
「〇〇さんじゃないですか?」
と、オレの本名で呼びかけてきた。

え、そうですが、どちらさまでしたっけ?
と言いよどんでいると、
「××でご一緒でしたYです」
と。

お~、思い出した思い出した。
S部にいたYさんだ、そうだ、面影がある。

聞けば、Y氏もウォーキング中で
今日は自宅から10km歩いて折り返す
20kmウォーキングの途上なのだと。

それはすごい!
オレは、このところは1日10kmを維持するので精一杯だ。

「××を辞めて以来はじめて同僚に会った」
と、満面の笑みのY氏。

そういえば、かつての同僚時代、
互いの組織上の利害をかけて、
よく、このY氏とやりあったっけなぁ...。
けど、いまは互いに関係のない身。

Y氏は、いま奥の細道を歩いていると。
オレは、宿題があるものの (`_`;;;
いちおう水戸街道を歩いている
また、どこかでばったり出会うかもしれないね。

足

祝)ウォーキング、今年も年4000km踏破!

去年は12月18日に達成した年4000km踏破が、
今年は、1ケ月半も早く、昨日に達成っ!
7月に481kmを歩くなど、月間400km以上を歩いた月が
4回もあったのが効いたな。

ただ、こ~んなに歩いたのに、これはまだ中途...(^_^;;;
残りは松戸から日本橋までの約30km。
やる気になれば1日か2日、
やる気になるかがカギだな (^_^)

足 足 足 足

てくてく水戸街道 第7回(我孫子→松戸)

成田街道への分岐からスタートし、
脇本陣跡、本陣跡と通過してくると、
交番のような建物の前に立派な道標がある。

DSC09729.jpg

子の神神社への入口と。
水戸街道の道標ではないけど、
街道の旅行者を意識したものだろね (^_^)

ずんずんずんと歩いていって、
手賀沼へ流れ込む大堀川を渡る。

DSC09733.jpg

ここから柏の入口までは、
狭い割には交通量の多い怖い道が続く。
と思ったら、いちばん怖い某結婚式場の前の跨線橋手前に
横断陸橋があった。

DSC09734.jpg

いままで数百回もこの道をクルマで走っていながら、
一度も気が付いたことがな~い (^_^;;;
立場を変えると見えるものがある。

柏市街を過ぎて、旧日光街道との分岐に着いた。
通常、ヤングボウルの信号と言われている箇所。
渋滞のメッカでもある。

DSC09711.jpg

流山市に入る。
道端に、あわれ馬頭観音の上半身が吹っ飛ばされた跡あり。

DSC09714.jpg

隣には、頭をすげ変えたお地蔵さんもあり。

DSC09715.jpg

丸い石にコミカルな目鼻を入れてもらって、
これはこれでなかなか趣があるお顔つき。

DSC09716.jpg

根木内城跡を横に見ながら進む。
今日は北小金までにするか、もっと先まで行くか。

DSC09719.jpg

北小金駅近くの交差点に豪快な道標がある。
なんとか松戸まで足を伸ばそう。

小金入口信号から市場方面に下る道は、
なかなか旧道らしい景色だ。

DSC09721.jpg

ごていねいに「水戸街道」とのお墨付きまである。

DSC09722.jpg

これは、酢かなにかの醸造樽??

DSC09723.jpg

疲れてきて、馬橋、北松戸と
写真を撮る気力なし。
ようやっと松戸宿へと到着した。
ヤタ~ (^_^)

DSC09728.jpg

「福福」で遅い昼食を食べる。
粘度濃度とも申し分ないスープだが、
以前はもっとガツンとくる味もあったような...。
はて?

あ、そか!
身体がガテン・バージョンになって
塩気を欲してるのか (^_^)

今日は26000歩約21kmを歩いた。
日本橋までほぼ同じ距離なので、
次回がいよいよ最後の行程となるやも。

てくてく水戸街道 第8回に続く場合は、つづく

晴れ

tekumatsudo.jpg

[過去のてくてく水戸街道]
  てくてく水戸街道 第6回(佐貫→我孫子)
  てくてく水戸街道 第5回(牛久→佐貫)
  てくてく水戸街道 第4回(土浦→牛久)
  てくてく水戸街道 第3回(石岡→土浦)
  てくてく水戸街道 第2回(小幡→石岡)
  てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)

てくてく水戸街道 第6回(佐貫→我孫子)

仕事、休んじまったぃ... (^_^;;;

佐貫駅東口から旧道へ入る。
茨マークがこ~んな感じに並んでいる。

DSC09680.jpg

とことことこと歩いていくと、
「飯嶋つる子の碑」という立派な石碑がある。

DSC09681.jpg

裏を見ると、昭和2年之を建てるとある。
女性名で昭和2年とは珍しい。
が、オレはまったくこの方のことを知らない。
帰宅してネットで調べたら、こゆ謂れがあった。

小貝川を渡って藤代へ。

DSC09688.jpg

旧道は6号線を3回横断して進む。

DSC09691.jpg

旧陸前浜街道踏切と名が付いた踏切を渡ると、
これからしばらくはまっすぐの道だ。

DSC09692.jpg

歩道がない狭い道で、クルマがぶんぶん飛ばす。
本当にこの道でいいのだろうかと、
すこし不安になった頃に、この道標が現れた。

DSC09693.jpg

ありがたい。
どうやらこの道で正解のようだ。
もっと、はっきりした道標もあった。

DSC09695.jpg

水戸から18里、江戸へ11里とある。
てく水戸も中間点は大きく過ぎたようだ。

ここですこし休憩。
今日撮った茨マーク前編を見ていただこう。

ibara0922a.jpg

取手に入る。
街道を歩いていたら、左へ行く路地にも茨マークが!
路地の先に土手を上る階段がある。

DSC09700.jpg

おおっ、渡しでもあるのか。
そういえば、この辺りに利根川を渡る渡しがあると聞いた。
階段を越えて辺りを見た。

DSC09701.jpg

残念、渡しのようなものは見えない。

遅い昼食を食べたが、
とてもここで紹介するような店ではなかったのも残念。
ここ数年間でもっともまずかった(怒)

口直しに(?)、茨マーク後編を (^_^)

ibara0922b.jpg

大利根橋を渡って茨城県よ、さようなら。
茨マークも、さようなら。
こんにちは、千葉県。

DSC09706.jpg

橋の途中、川の下流方向を見ていたら、
なんと、渡しのようなものがあんじゃん!

DSC09707.jpg

これも帰宅後にネットで調べたら、
川向こうの小堀地区とその向かい、
さらにいま見えている場所の3箇所間で
渡しをしているのだと。
今度時間があるときに乗ってみようっと。

6号線柴崎交差点から旧道に入り、
おお~、オレのウォーキング・コースの1つに入る。
今日のゴールも見えてきた。

DSC09709.jpg

成田街道との分岐点で、
26000歩約21kmを費やした今日の行程も終了した。
次回はここからスタートして、
小金宿あたりまでだろうか。
いつになるやら。

てくてく水戸街道 第7回に続く場合は、つづく

晴れ

tekuabiko.jpg

[過去のてくてく水戸街道]
  てくてく水戸街道 第5回(牛久→佐貫)
  てくてく水戸街道 第4回(土浦→牛久)
  てくてく水戸街道 第3回(石岡→土浦)
  てくてく水戸街道 第2回(小幡→石岡)
  てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)

てくてく水戸街道 第5回(牛久→佐貫)

ほぼ2年ぶりのてく水戸。
復活もこの時計から。

DSC09664.jpg

おっと、今日は遅い。急がねば。

牛久駅から6号線を横切って旧道へ。
6号と合流したと思ったら、すぐに向かいの踏切を渡り、
さらに旧道を進む。

DSC09669.jpg

道沿いにいくつもあるヤマブドウ?の実。

DSC09671.jpg

團伊玖磨氏の「パイプのけむり」シリーズのどれかに、
植物を見てその名前をさらっと言えるのは格好いい、
てなことが書いてあったが、本当にそう思うな。

DSC09672.jpg

成井一里塚横を通過する。
碑が無きゃ、絶対にわからない。
通過後に振り返ると、こ~んな感じだもん。

DSC09673.jpg

けっこう趣のある星宮神社。
手前が暗くて社に光が当たっている。
まさに神々しい。

DSC09675.jpg

悲劇はこのあとに起きた。
いや、喜劇だ。

地図を読み違えて、変な方向に歩いてしまう。
おまけに歩数計も落としてしまった。

間違えた道にも「茨」マークがあったので、

ibara.jpg

そのままずんずんと歩いていたら、
なんと竜ヶ崎市街まで行ってしまう。

嗚呼! なんという愚か。
布佐へ向かう旧道を歩いていたのだ。
右手に遠く見えていた線路を常磐線と思い込んでいたのも愚か。
じっさいには関東鉄道だった訳で、
常磐線にしちゃ電車が走ってねえくらい思えよ > オレ (^_^;;;

しょうがないので、来た道とほぼ平行に走る道を
佐貫まで戻る。とぼとぼと (^_^;;;

明日、復讐戦やるかなぁ...。
仕事を休むのはちょっとなぁ...。

てくてく水戸街道 第6回に続く場合は、つづく

晴れ

tekusanuki.jpg

[過去のてくてく水戸街道]
 
てくてく水戸街道 第4回(土浦→牛久)

 
てくてく水戸街道 第3回(石岡→土浦)

 
てくてく水戸街道 第2回(小幡→石岡)

 
てくてく水戸街道 第1回(水戸→小幡)

スロージョギングを開始

先日の「ためしてガッテン」に触発されて、
今日、スロージョギングを開始した。

いつものウォーキングを終え、夕食後に、
ふと思いついてスロージョギング。

歩くに毛が生えた程度にゆっくり走るのがコツと。
いつもは200mほどでネを上げるジョギングが、
お~、つづくつづく。

これはすごい!
30分かけて約3kmを走破した。
初めてにしては上出来だ。

明日から、ウォーキングに代えて
スロージョギングにするかな。

晴れ

今期最後も蔵王。曇、曇、晴れの最高コンディション

関東では桜が咲いたというのに、
蔵王は寒波に襲われていた。

もっとも蔵王でも、ほんの1週間前までは
気温10度を超える陽気で、
営業を止めた店もあるくらいだ。

ところが、3月も末になって真冬並みの寒波がきた。
初日の中央ロープウェイ下り場の気温はマイナス10度!
風がないのがうれしいものの、
十分に冷え切っている。

今回は、ジュニアの講師をやることに。
1級になりたてのオレが、講師不足のために刈りだされたのだ。
受け持ったのは、スキー4回目と2回目の小3と小4の男の子。
3年生は甘ったれの怖がりで、
4年生は寡黙な頑張り屋さん。
真逆の性格の2人を相手に、講師初心者はどうするのか...。

が、案ずるより産むが易し。
午前中に緩斜面を何本か滑るうちに、
4回目で一日の長のある3年生に対し、
頑張り屋の4年生、怖いもの知らずの果敢な滑りで
あっという間に実力が追いついてしまった。

午後からは、今回スキーが初めてという高1女子が乱入。
初めて組を午前中だけで卒業したというだけあって、
このコがまたとんでもない怖いもの知らずで、
4年生と2人で飛ばす飛ばす。
おかげでオレは3年生専任に (^_^;;;

2日目、初めて組の講師から相談を受け、
初めて組から新たに3人を引き受けることに。
6人は多すぎるので、
高1女子をさらに上のクラスに上げて調整する。

新たな3人の後輩を迎えて、3年生、
俄然積極的になり、先輩風を吹かしまくるのが面白い。

転んだ後輩に対し、
「ストックを刺して立って」
と指示を出したり、滑り方を教えたり、
スタートで先頭を譲らないなどなど...。
この積極性はもちろん滑りにも反映する。

以降はずうっとこの5人で滑ったのだが、
初日には嫌がった急斜面を下りきった時には、
「おお~、すげえっ、面白れ~!」
「俺、スキーにハマる、絶対!」
てな歓声を聞くことに。
講師冥利に尽きるね (^_^)

3月とは思えない最高コンディションに恵まれたのが
いっちゃん大きいとはいえ、
子どものやる気と伸びしろの広さに感服の毎日だった。

帰路。
そうだ、1000円で高速に乗り放題になったんだった。
いままでに見たことのないほどの
山形道のクルマの多さに驚く。
詰まるほどではないにせよ。

常磐道に入って交通量はどんどん増していき、
ついに流山から7km渋滞の表示が出た。
ま、谷田部で下りるから問題なしだけどね。

帰宅後、写真を1枚も撮っていないことに気づく。
もの凄い気疲れにも。
いや~、事故もケガもなくてよかった。
講師1年生、缶ビールで乾杯っ!

スキー

今期初スノボはすっかり春の水上宝台樹で

昨年は7人だったが、
今年は5人で水上に向かう。
荷物に余裕があるのでスノボも載せる。

初日は晴れ。だが気温はプラス5度ほど。
ガチガチのアイスバーンがすこし溶けかかって、
まぁ適当に滑りやすい斜面となっている。

今期初スノボだ。
行きつけの食堂近くから
スキー場へと滑っていく小道でずっコケる。
恥ずかしい丸出し (^_^;;;

滑ってないというのは本当に困りもので、
谷川岳を横に見ながらのオレがいっちゃん好きな成平コースも
おっかなびっくりのていたらく。
早々にスキーにはき替えた。

2日めは朝から大雨。
もう露ほどもスキーをするどころじゃない降りで、
しょうがないので、雨中のドライブとしゃれ込む。
宿の人に聞いた「たくみの里」に行くがここも大雨。
そば打ち体験などなど、いろいろなことができるそうだが、
気力がわかず退散する。

で、宿に戻って温泉三昧&飲みに突入する。
宿は、昨年と同様、メンバーの親族の方の会社の保養所で、
酒屋価格で飲めるのは恐れ多いことはなはだしい。
もちろん飲みに飲む (^_^)

3日めは雪。
夜中まで降っていた雨が明け方から雪に変わり、
道に2cmくらい積もっている。

二日酔いの頭を抱えながらスキーをするが、
ガチガチのアイスバーンに悩まされる。
早々に、今度はスノボに変える。

アイスバーンはスノボの方が滑りやすい。
第9クワッドからの成平コースを何本も滑る。
は~、極楽極楽。
年一となったスノボだけど、
やっぱ面白い。

今期は、じつはこれの影響で、
スノボにドクターストップがかかっていた。
ま、そのせいで初日は特におっかなびっくり度合いが強かったのだけど、
もう大丈夫だろう。
来期はスノボ2級、来々期にスノボ1級を目指すぞっ!

晴れ 雨 雪 スキー

2度めのスキーも蔵王で。曇り、雨、晴れとなんでもあり

今期2度めのスキーも蔵王で。
いつもの宿に木曜の夜に着いたのだが、異様に暖かい。
すぐに寝たが、朝起きるとこれまた暖かい。
0度はない。

関東では春一番が吹いているとか。
蔵王には1日遅れで春一番が来ると。
まだ来ないが、その予兆なのか暖かい。
まったく、
2月だというのにこの陽気には参ってしまう。

春一番が蔵王に来れば雨必至ということで、
今日は目一杯滑ろうってんで滑りまくる。
黒姫大森の広いバーンを飛ばす飛ばす。
おおいに疲れて、夜はひたすら寝る。

寝て起きたら、はたして、2日目は土砂降りの雨だった。
完全に足止めを喰らって、宿で寝て待つ。
10時、寝入った直後に部屋の扉をたたく音。
「雨が止んだので、出よう」
と。

で、出たのはいいが、雪は雨にやられ細っている。
中央ロープウェイで鳥兜駅に着いたら+2度もある。
まさにいま春一番なんだろう。
ま、雨は止んでいるので滑る。
春スキーみたいな雪。

早々に宿に帰り、飲んでから寝る。
寝てばかりだな (^_^;;;

3日目の朝、陽が差し込んでいる。
おお~、やっと晴れた。
晴れ間はあるものの、上空はガスっている。

うちらは上には行かないで、
下の斜面中心に滑りまくる。
朝の冷気でガチガチに凍った斜面がキツい。
風が北からに変わっていっきに冷えてきた。

が、陽が差し込むと雪面が緩む。
適度に緩んだ斜面が絶好のコンディションで、
少なくとも、ここいらの下の斜面はいい感じ、
で、滑りまくる。

なんで、最終日には晴れるのか!?
マーフィーの法則だな (^_^)
半日で脚が萎えるまで滑ってから、
帰りのバスの待ち合わせ場所に急ぐ。
はぁ、終わったぁっ。
今回は写真なし。

スキー

今期初スキーは蔵王で。雨、寒波、晴れとなんでもあり

昨年のこれからはすっかり回復したのだが、
医者からは「過激なスポーツは1年くらいやるな」
と言われていた。

だもんで、今回は軽~く滑ることに。
ところが、スキーで貢献できないなら幹事をやれとのお達しが。
うわ~、30人を超える人数での幹事だなんて初めてだ、
ま、しょーがないやるしかない。
ってんで、やってきた。

まずは初日に雨。
1月の蔵王で雨だなんて悲しすぎる。
まるで春スキーのようなガザガザの重い雪の中、
スキーを取られまくる。

IMG_1316.jpg

幹事は何をするかってぇと、
あっちからこっちからビデオ撮りを依頼され、
蔵王を縦横無尽に駆け回る。
龍山にいる時に黒姫に来いっって、そりゃ無理だ。
けど、鍋焼き小屋から黒姫なら行った。
おかげで、すっかりと蔵王の地理に詳しくなったぜ (^_^)

2日めは、一転、激烈寒波に見舞われる。
前日溶けた雪がガチガチのアイスバーンに変身だ。
急斜面でコケると数10mズルズルと流される恐怖。
緩斜面でコケるとケガに直結する恐怖。
たった1日でこうも変わるか、嗚呼!!

3日め、太陽が顔を出す。
神は我らを見捨てなかった。
ここまでの2日間が信じられないような、
絶好のパウダーを滑りまくる。
ビデオ撮影なんか忘れてただひたすら滑る。
午前中だけで3日分滑った感じで、
滑り終わると疲労がどっと出た。

IMG_1337.jpg

宿への会計を済ませると、
あとは帰るだけ。
滑り疲れと気疲れとで、
帰りのバスではうつらうつら。
もう幹事はごめんだね (^_^;;;

スキー

祝)ウォーキング、年4000km踏破!

6月30日に半期2000kmを達成したあとにこれに襲われて、
どうなることかと思った今年のウォーキング。

幸い、これからも回復し、9月に403km、10月に407kmと
いずれも400kmオーバーの猛スパートで逆襲を開始。
今月は残り199kmと200kmを切っていた。

で、本日、めでたく年4000kmを達成っ!
353日、502万歩、1日平均11.3km、同14000歩。

こ~なに歩いたのに、これはまだ中途なんだよなぁ...(^_^;;;
次の目標にしなくちゃ。

足

お役所仕事ってヤツは...

今日は草野球の担当チームとしての仕事で記録係を。

ところが、球場に着くなりグラウンド不良のため使用禁止と。
念のためグラウンドを見てみると、
水に濡れたところはなく、内野が湿った状態。
「2時間もすれば乾くし整備をするから」と交渉したがダメ。

現場事務所は「ここでは決定権がないので体育館に行って」とタライ回し。
をいをい2週間前には上の交渉でOKだったのになんで?
と体育館に行くが、こっちは木で鼻をくくる対応。

しょーがないので、延期にして改めて12月での予約を計る。
が、上の球場では空きがない。
近隣の別の市の球場に予約に行く。

1日借りるには4枚の予約カードが必要ということで、
その市に在住する同じリーグの監督さんを急遽呼び出して、
カードをお借りする。
監督さんは予約カードを4人分お持ちだった。

1枚1枚に利用者番号とパスワードまでが必要な不思議。
そのカードを第三者が使うことができる不思議。
目の前で第三者が使っていることを見ているのに
そのまま受け付け許可している不思議。
端末経由でないと予約を受け付けない不思議。
目の前で予約しても、
使用料を払うのに使用票に手書きしなければいけない不思議。

さまざまな不思議を受け流しながらようやく予約を完了する。
今朝、グラウンド整備をオレたちでやって試合をしていれば、
こ~んなアホな不思議を体験せずにすんだのになぁ...、
はぁっ、と大いなるため息をひとつ。

まったく、お役所仕事ってヤツは...。

ちっ(怒った顔)

Walking)9月に月間400kmを達成!

半期2000km達成と浮かれたバチか、
突如これに襲われて、7月8月は共に月間200km台の惨たんたる結果。
だったが、8月後半からも~然と挽回し、
9月にはこれまでの月間最高の400kmを達成した。

今年の目標の年間4000km達成に、あと1100kmほど。
今月から12月までの3ケ月を、月間平均360km1日12km15000歩余りの計算だ。
ま、計算通りに運べばいいのだけど、
いつまたこんな爆弾が破裂するとも限らない。
せいぜい無理をしないよう気をつけなくては。

足

野球記録ソフト「野球簿」は使えるね

草野球のリーグ戦で担当チームになった。
担当チームの仕事は、
 1)全試合の球場確保
 2)日程と予算会計管理
 3)全試合の記録集計
などなど... 。

1)と2)は他の部員が担当し、俺には3)が回ってきた。
さぁ困った。
野球の記録は、かつて所属していたチームで
何試合か担当した程度でそう詳しいわけじゃない。
が、他の部員はもっとわけわかなので、
俺がやるっきゃないのだ。

困った時のフリーソフト頼みとばかりにvectorで探すと、
フリーじゃないもののこれが使えそうだ。
さっそくダウンロードして試用する。

ヘルプを見てますます使えそうだと判断し、キーを買う。
ま、使えなくても1500円だ。
捨てたと思えばいい。

球場にパソコンを持ち込めないので、
一度記録したスコアを「野球簿」に打ち直すのが面倒。
だけど、入り組んだ草野球のスコアも
マウス操作だけで難なく記録できるのはありがたい。

またたく間に不戦勝を含む6試合を経過、
その全てを目で見てスコアを記録し、帰宅後に「野球簿」に入力する。
入力時間は1試合当たり30分くらいか。
入力後即座にチーム&個人の成績表を出せるのはまさに感動もん!

うちのチーム&俺の成績がよければもっといいのだけど、
俺はこれの後遺症で休場中。
たぶん来月はじめには復帰できそうなので、それから貢献だな。

「野球簿」
規定打席比率やチーム名の変更ができればいいとか、
リムーバブルディスクだけじゃなくネットワークにも対応してほしいとか、
普通のスコアの形式でプリントできればいいとか、
成績表をデータ出力してほしいとか...、
細かな要望はいくつかあるものの
これ、けっこう使えるね。

野球