箱根駅伝の楽しみ方

毎年、正月2日3日は箱根駅伝を見るのだが、
テレビで鬱陶しいのがCM。
大人エレベータをいやというほど見せられるのは
それこそいやなので、
テレビの音声を消して、NHKラジオの実況を聞く。
要点でテレビに視線を移す。
これで十分。

個人記録などのデータはパソコンで確かめる。
のだが、実況放送局のサイトには
当日のエントリーリストが見当たらない。
こゆデータがもっとも重要なんだけどな。
おおっ、スポニチオンラインに載っていた。
スポニチ、えらい!
区ごとに整理してくれるともっとえらいのに (^_^)
今年は3区が熱いな。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!
 
 
実況放送局サイトの記録速報が、
ぜ~んぜん速報じゃない件。
去年あたり、けっこう速く更新していたのに、
また! 遅報に戻ったのか。
テレビを見せる戦術なのかもしれないが、
なんとも姑息。

おっと!
文句たれたせいか (^_^)
権太坂では更新が速くなった。
横浜駅前では、なにかトラブルでもあったのか。

NHKラジオ実況で、
メインの工藤三郎アナが
レポーターの宮田貴行アナに冷たい対応。
工藤アナは、自分がしゃべっている時に
割り込まれるのを嫌う性格らしく、
宮田アナの問いかけに
「ちょっと待ってください」
と言って、数分も待たしている。

それにしても、NHK、
1kmラップをまったく伝えない。

なんとなんと、山梨学院のオムワンバ、
3位グループに追いついてしまった。
先頭にも、日大のベンジャミン、
追いつきそう。
うわ、抜いた。

実況放送局サイトの記録速報、
戸塚では2分20秒かかって6位まで表示。
66分台を狙うと言っていた駒澤の窪田、
見込みより5分も遅れるブレーキ。
トップ東洋の設楽啓太も70分台の記録なので、
そう速くはない。
注目の3区。

遊行寺でも2分遅れの速報。
個人記録では、
早稲田大迫、東洋設楽悠太、青山学院久保田の順。
大迫と設楽のタイム差は9秒ほど。
3区、まだまだ先は長い。

東洋は4区5区が若干弱めなので、
タイム差はいくらあってもいい。
早稲田は逆に4区5区で勝負。
駒澤も勝負したいのだが、
早稲田に置いていかれてしまった。

速報、茅ヶ崎、速い!
わずか40秒で東洋の記録が出た!
早稲田の記録も約1分遅れで出た!
大迫設楽の個人記録タイム差は14秒。
東洋早稲田のタイム差2分23秒。
あまり詰まっていない。
青山久保田、伸びない。

工藤アナ、相変わらず宮田アナに冷たい。
宮田アナからの問いかけに即応することが
まずない。
まずは自分のしゃべりを終えてから、と。
入局が20年も違うんだもんなぁ...。

と、ぐたぐた言ってたら、
もう湘南大橋を過ぎている。
あれ、早稲田大迫、遅れた!
駒澤の中村匠吾、スパート!

平塚での速報、1分30秒遅れ。
2位駒澤2分41秒差、3位早稲田2分45秒差。
東洋、2位以下との差を広げる。
さぁ、勝負の4区、幕開け。

東洋の4区淀川弦太、
身体が揺れて口が開いてと、
やや不安な走り。
4区は、9km地点の二宮まで記録不明なので、
この走りがまともなのかがわからない。

二宮、速報は1分40秒遅れ。
東洋と2位のタイム差は2分18秒。
早稲田佐々木寛文と日体大木村勇貴の2人は
この9kmで20秒詰めた。
箱根の山でなにかが起きそうだ。

うわ! NHKラジオ、天気予報とニュースで中断。
12時15分再開と。
しょ~がない (^_^) テレビでも見てやるか。

テレビ、1kmラップを伝えている。
東洋淀川、11~12kmを3分14秒と、
ペースを落としている。
日体木村、早稲田佐々木を置いていく。
わわわ。
駒澤はどうした!?

酒匂橋、速報は約1分遅れ。
東洋と2位日体との差、2分06秒。
早稲田との差2分16秒。
思ったより差が詰まらない。
このまま箱根の山登りになりそうだ。

小田原、速報は2分30秒かかってやっと更新。
2位日体木村、1分49秒差まで詰める。
日体の5区は服部翔大。
トップ東洋の5区は定方俊樹。
3位早稲田は2分07秒差で、
5区山本修平につなぐ。
駒澤は10位4分57秒差。

5区は、持ちタイムは参考にならないが、
あえて比較すれば、
早稲田山本、日体服部の順。
東洋はどこまでリードを保てるか、だ。

テレビは現場の方が強い。
総合司会の村山喜彦アナは、ゲストが話していても
現場実況にしゃべらせる。
これで、せめてCMが半分ならなぁ。

箱根湯本、速報は約2分遅れ。
2位日体の服部、どんどん差を詰める。
なんと1分20秒差、5kmで30秒縮めた。
けど、坂はこれから。

大平台、速報が出るより早く
2位日体と3位早稲田が通過。
東洋日体の差は42秒!
東洋早稲田が1分06秒差。
思ったよりも早めに順位変動しそう。

NHKで道路情報をやっている間に、
宮ノ下で、2位日体は30秒差まで迫る。
3位早稲田も日体の3秒後に通過。
テレビに戻ろう。

テレビに戻った瞬間、
早稲田山本、日体服部をかわし2位に。
いや、日体服部、すぐに抜き返す。

そういえば、もう20年も前に箱根に行った際、
レース直後に山を下って大渋滞。
てなことがあったのを思い出す。

うわわ、小涌園前ではもう速報はいらない。
3人が団子で通過っ!
服部、山本が定方をかわす、
と思ったら、3人が団子レース。
いや、定方、ついて行けない。
まだまだ先が長い。

「修平の気持ちの強さは保証状出してもいいレベル。」
というTLを見た瞬間、
日体服部が早稲田山本を離していく。
山本、このあと気持ちの強さを出せるか。

芦之湯で、日体、早稲田との差を28秒に広げる。
東洋とは56秒差。

風がぶんぶん吹いている。
風速18m/秒と。

日体の服部の走り、下りになって、
飛ぶような軽さ。
早稲田山本、テレビ画面に映らない。
あ、映った。
元箱根で1分29秒差、さらに差がついた。

往路優勝は日体、2位早稲田、3位東洋。
およ、早稲田山本、ずいぶんと遅れ、
日体と2分36秒差。
3位東洋定方、最後、早稲田に迫り
トップ日体とは2分39秒差。

服部、この快走でも記録は1時間20分台。
柏原は1時間16分台、なんという偉大な記録だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311087152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック