大晦日は録画番組三昧

まずは、今日の昼間にやっていた、NFL最終週、
レッドスキンズVSカウボーイズの対戦を。
勝った方が地区優勝、プレイオフに。
負けると終戦というプレッシャーのかかる対戦。

だったが、カウボーイズのQBトニー・ロモから、
序盤終盤の要所で3つのインターセプトを奪う
レッドスキンズ守備陣の大活躍。
加えて、200ヤードを走ったRBアルフレッド・モリス、
足の癒えたQBロバート・グリフィンの両ルーキーの
オプション攻撃でレッドスキンズが勝利、プレイオフに。
やた~!!!

つぎに、仮名手本忠臣蔵の五段目・六段目を。
昨日(12/30)、NHK Eテレでやっていたもの。
お軽勘平もの。

実際にはまだ見たことのない五段目六段目だが、
落語の「四段目」とか「中村仲蔵」とかで聞いた
エピソード満載で、見ていて飽きない。
最後は勘平腹切り、なるほど四段目の判官腹切りとは
ずいぶんと様相が異なる。

ところで、定九郎の出番がわずか数分なのに驚く。
与市兵衛を殺し、「五十両」と唯一のセリフを吐いて、
前脚が團十郎、後脚が海老蔵という、じつは1人役の
イノシシが走り去ったあとに、勘平に打たれてしまう。
立っていたのは3分ほどか。あとは死んだまま。

と、CATVの時代劇チャンネルで、まさにいま
判官の腹切りシーン。判官役は風間杜夫。
べ~ん、べ~んの太棹ではなく、切腹の後ろでは
変な歌が流れている。いまいち!

ここで一服。風呂に入り、酒を準備する。
今年最後の酒は、「今代司」生原酒。
何年か前にもらったまま冷蔵庫で眠っていた。
18.3度、プラス5度の辛口。
ぬる燗でやろうと思ったが、ひとくち冷やで。
もうひとくち、もうひとくち (^_^)
「こんなん眠らしといたらあかんやないの」
と叱られそう。

あ! 第九の時間だ。そのあとはボクシング。
結局、見た録画番組は2本にとどまる。
録画した番組はまだまだ山のようにあるのになぁ。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

この記事へのコメント

  • yurarito

    今年の第九は、ソロが前面に出てなくて
    第一バイオリンの後ろのさらに
    ホルンの後ろ辺りに4人がまとまって歌っている。
    ちょっと不思議な光景。
    題名に「合唱付き」なのだから、
    ソリストが目立つ道理はないのだけど、
    ま、ちょっと変わった感じだね。
    2012年12月31日 21:03

この記事へのトラックバック