警備員は(も)つらいよ

早足でお乗りになったお客さま、
3000円くらいのヒットな場所を指定していわく、

「8時15分までに着きますか?」

と。
15分までだったら楽勝ですよと答えると、

「さっきまで別の現場にいて、それから1時間15分の
 移動時間で柏っすよ。しかも、駅からタクシー
 使ってもいいくらいの遠さ」

さっきまで働いてたんですか?

「そうなんすよ。水曜の夜に家を出てから、木、金、
 土ともう3日間、満足に寝てないす」

うわ! それはたいへん。

「いまの時期、警備の仕事は忙しいっすから、会社も
 無茶ぶりするんすよ。乗換案内で52分かかって、
 タクシーで20分とすると、最短でも1時間12分かかる
 のに、担当の人が「急げば間に合う」って、そゆ
 問題じゃないっすよねぇ」

ほとんど家に帰ってなくて大丈夫?

「時々、夢か現実かわからない時間帯、あるんすよ。
 気をつけた方がいいっすよ。この時期、現場で
 ニンジン振ってるの、ほとんど寝不足だから」

gadoman1.jpg

いつ、家に帰れそう?

「今夜まで柏の現場で、今夜から明日までさっきの現場。
 明日の朝には家に帰れそうなんすけど...」

くれぐれもご自愛を。そうして事故のないように。

オレも皆さまも、ニンジン振ってる人の案内には
十二分に気をつけよう。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック