「兄~かぞくのくに」ヤン ヨンヒ

おどろきももの木さんしょの木ばかりのこの本だったが、
中でもあとがきのこの言葉が特に印象に残る。

「子供のときは正直になりなさいって教えられるのに、
 大人になったら正直者は悪人になるって変な話やな。」

作者は、大阪の総連幹部の娘として生まれ、3人いる兄は
すべて北へ帰国している。
かつてパラダイスと言われた北は、その後、パラダイス
どころか、3人の子持ちの40独身男でさえ、定期的に日本
の実家から仕送りがあるというという条件で結婚志望者
が殺到するという国になった。

そんな国の家族に会うには、国境という高い壁がある。
自分に正直に生きると国境が立ちはだかる。

オバマ対ロムニーの米大統領選速報を見ながらの読了、
国というものの存在の尊大さ無意味さなどなどを思う。
映画「かぞくのくに」も、見なくっちゃな。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック