「おまえさん 上・下」宮部みゆき

ふぅっ。
上下巻合わせて1000ページ超を2週間で読了は、キツい。

下巻がはじまってすぐの謎解き部分で、
それまでにほとんど出番のなかった者が主犯とされて、
うう、そう来たか、反則ではないのかと、
その先がなかなか読み進めずに時間を喰ってしまうぅ。

とはいえ、平四郎に政五郎、弓之助に三太郎といった
いつものメンバーに、若手同心信之輔と
彼の大叔父源右衛門が加わっての大捕物は、
事件と事件とが絡み合い、事件が回りの人間関係をも
巻き込んで、大団円へと面白さを増していく。
特に、弓之助の兄淳三郎が良い味を出す。

若輩同心信之輔の見せ場に始まり、信之輔の過ちで
物語が展開し、信之輔の見せ場で終わったものの、
男はどこまでも莫迦で、女はどこまでも嫉妬やきで、
それでも男女で生きていく。
わかっちゃいるけど、やめられにゃい (=^・^=)

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック