[London2012バレーボール女子]日本vs.韓国

昨夜も見どころがたくさんあった。
録画してあったもうひとつの日韓戦を、
目が覚めてから最初に見る。

じつは、昨夜の仕事中に、ラジオの実況を聴いて、
結果ももちろん知っていた。
いやはやしかし、解説の寺廻太氏の野太い声での絶叫は
咆哮というのにふさわしくて、けっこう引いてしまうぅ。
なにせ、氏の叫びの具合で試合展開がわかる。
アナ氏の実況は説明として絶叫の後を追う。

テレビで改めて見ると、
いかにもNHKのスポーツアナらしいアナ氏の実況と
大林素子さんの品の良い言葉を連ねる解説が、
昨夜とは違うゲームかと思わせる (^_^;;;
古き良き時代のバレーボール実況といった感じ。
昨夜のラジオとのあまりの違いにそう感じるのだろな。

試合が終わった時、実況の広坂安伸アナ、
「日本の放送席は、みな涙しています」
と、まさに涙声。

日本、3対0で韓国を下し銅。
バレーボールで28年ぶりのメダル獲得、
メダルメダル言うのはあまり好きじゃないが、
オレも、バレーボールの古き良き時代のファンの1人、
やったぜ!

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック