メーターの押し忘れはチョー痛い!

タクシーメーターにはいくつかのボタンがある。
実車ボタンが全ての基本で、通常はお客さまをお乗せして
実車を押して発進する。

この操作は条件反射みたくまず忘れることはないが、
問題は、無線配車を受け、迎車ボタンを押して
お客さまの元へ着いた時。

お客さまをお乗せする時に、例えば、後続のクルマが
早く行けとクラクションを鳴らしたりすると、
発進操作に気を取られて実車ボタンを押すのを忘れてしまう、
といったことが時々生じる。

今日のケースは、お客さまがお乗りになるなり、
逆方向へのUターンを指示なさって、
対向車などの状況確認をしてUターンをする間に
実車ボタンを押すのを忘れてしまった。

気がついたのは、目的地までの中間地を越えた頃。
あ~あ、推定1610円の売り上げが890円に終わる。
自分で蒔いた種、自分で刈るっきゃにゃ~い (=^・^=)
今日の昼勤のような暇な日にこんな売上減はチョー痛い。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック