突如、クルマの前に立ちはだかる男!

先週の金曜夜は「金曜夜で給料日で雨が降っても稼げない」夜、
昨夜も「金曜夜で雨が降っても稼げない」夜、
2週続けて情けない金曜夜だったのだが、
もう、これについては思い出したくもにゃ~い (=^・^=)
なので、別のことを。

昨夜の23時頃のこと。
お客さま2人を乗せて隣町の路地を進行中、
突如、クルマの前に立ちはだかる三十男!
急ブレーキで停車すると、三十男は窓に寄ってきていわく、
「助けてください!」

見ると、傍らに男がもう1人いる。こっちは五十男。
三十男は五十男を指さしながら、
「この人に暴力をふるわれています」

ところが五十男も寄ってきて、
「違う、逆だ。オレがこいつに殴られたんだ!」

あちゃ~、酔っぱらい同士の喧嘩かよ、まったくぅ。
2人で勝手にやってくれ、他人を巻き込むんじゃない!
と発進しようとしたが、三十男が窓に張り付いたままで
発進できない。

ここで、
後席のお客さま1人が「ちょっと降ろして」とおっしゃり、
クルマを降りて三十男と五十男の間に入ろうとする。
と、三十男は急に走り出し、この場から逃げていく。
あっという間に三十男は暗がりの中に消えてしまった。

なんなんだ、あいつは!?

五十男は「これでわかったでしょう。どっちが本当か」と、
居丈高に吠えまくる。

わかるわけはないが、少なくともこの場から逃げるってのは
なにか自らに居心地の悪いことでもあるのにちがいない。

降りていたお客さまを乗せて発進。
すると、さっきの三十男が速足で歩いているのを発見。
「あいつだ!」と後席のお客さまもおっしゃる。
三十男はひたすらに歩いている。
今度は何事もなく追い抜く。

「なんなんだ、あいつは!?」
と、後席のお客さまとハモっちゃったぃ (^_^;;;

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273137081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック