[2011高校駅伝女子]4区で首位に出た豊川が優勝、2位興譲館3位仙台育英

男子はこちら

昨年は興譲館が4区で逆転後そのままトップでゴールしたが、今年はどうか。

予選の持ちタイムでは、1時間7分台に興譲館、
8分台に筑紫女学院、豊川、神村学園、立命館宇治と続く。
(神村学園と立命館宇治は地区大会の記録)
興譲館と筑紫女学院のタイム差はわずか22秒なので、
例年にもましての接戦が予想され、大いに期待する。

さぁ、スタートだ。

 
ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

花の1区、女子は6km。
エースを配したのが興譲館と筑紫女学院。
両エース菅華都紀と木村友香の持ちタイムは互角だ。
この2人を中心に1区は展開する。

お~、競技場内からもう筑紫の木村が出ている。
速いペースで木村が引っ張って、競技場を後にした。
木村の後ろには豊川の安藤友香、筑紫女学院の菅が付けている。

1kmを通過、3分10秒。
まだまだダンゴ状態。
ペースが早いので、どんどん集団がばらけてきた。

1-2kmが3分8秒。
最後の登りでタイム差がつきそうな展開だ。

筑紫女学院木村、やや下がり気味。
代わって、興譲館の菅が引っ張り始めた。

2-3kmが3分12秒、相変わらず速い。
筑紫女学院の木村の表情が苦しそう。
山田の鍋島莉奈、成田の小崎裕里子の顔も明るい。

3-4kmは3分20秒、登りに入ってややペースが落ちた。
さぁ、ここからが叩き合い粘り合い。
筑紫女学院木村が遅れはじめた。
この時点で遅れると、かなり差がつきそうだ。

先頭集団は6チーム。
あと1kmを切った。
豊川の安藤が引っ張りはじめる。
アンカーに絶対エースを持つ豊川が、
ここでトップに出ると、他チームは苦しい。

豊川安藤、出る。
続くのは白鵬女子の秋山桃子、立命館宇治菅野七虹、
成田小崎、興譲館は遅れた。

1区は成田、2位立命館宇治、3位豊川。
興譲館は6秒遅れの6位。

2区に入って、立命館宇治の池内彩乃が飛び出して、
後続との差を広げていく。
2位には、豊川の宮田佳菜代が続いている。

2区中間点、トップ立命館宇治と2位豊川とは6秒差、
興譲館とは9秒差。
おっと、筑紫女学院はどこに行ったんだ。

お、筑紫女学院の情報が出た。
現在8位、トップとは16秒差と。

なんと、2区残り300mを切って豊川宮田がスパート。
興譲館も追い上げてきた。

2区は、豊川、興譲館3秒差、須磨学園4秒差。
6位まで9秒差の接戦状態、期待通り。

3区、折り返し点を越えて、須磨学園福田有以が
豊川加治屋ななこを抜いていく。
2人で後続を離す展開。

絶対エースムルギ・ワイナイナを擁する豊川に有利な展開。
興譲館藤井純菜、この声を聞いたのかペースを上げてきた。
やや先頭の2人に近づいてきた。

残り800mを切って、豊川加治屋がトップに出た。
須磨学園福田も並び返す。
いや、豊川がリード、このままタスキ渡ししそう。
いや、須磨学園も抜き返した。すごいすごい!

3区は須磨学園、2位豊川2秒差、3位興譲館10秒差。
成田、立命館宇治が続く。
筑紫女学院は9位53秒差。

4区、いきなり豊川福沢志穂が須磨学園浅野優衣を抜いていく。
興譲館奥野舞子が2人を追っている。7秒差35m。
興譲館には豊川より先に5区へのタスキ渡しが必要だ。

1.3km地点で、豊川福沢、スパート。
須磨学園浅野との差を広げていく。
興譲館奥野が須磨学園をかわしそうだ。

興譲館が2位に上がるが、豊川には届かない。
走り方は興譲館奥野の方がきれい。
豊川福沢はややブレている。
たすき渡し前にひと波乱あるだろうか。

いや、無さそう。6秒差。残り600m。

4区は、1位豊川、2位興譲館8秒差、3位成田26秒差。
解説者「いや~、トップで渡りましたね~」。
いやはや、ほんと。

その5区、当初の500mでみるみる差が広がっていく。
豊川ワイナイナと興譲館岡未友紀との差は
あっという間に14秒!

5区のもうひとつの注目は仙台育英のメリー・ワイディラ、
すぐに7位に上がって、3位グループを追っていく。
どんどん追う姿が大きくなっていく。

優勝争いの方は、5区2kmでもって豊川に決まった感。
あとは、仙台育英ワイディラの快走がどこまでかだ。
3位か、まだその上を狙うのか。

中間点で、トップ豊川と2位興譲館との差が13秒。
仙台育英ワイディラは6位に上がった。

おっと、3.2km地点でトップと2位とが12秒差、詰まっている。
豊川ワイナイナ、休んでいるのか。
3,4kmで9秒差、をいをい、どんどん詰まっている。
ここから波乱なのか。

レースは残り1.5kmを切った。
差は9秒差、変わらず。

残り1km。
やや豊川ワイナイナがスピードを上げた模様。
あ、11秒差に広がった。
波乱はなさそう。

優勝は豊川、2位興譲館、3位仙台育英。
ワイナイナ、やっぱ休んでいたんだ (^_^)
筑紫女学院は10位、1区でのブレーキが痛かった。

優勝した豊川森安彦監督の話
「今日は120点をやりたい。3区4区のコが粘り強く走ったのが勝因。
 ワイナイナが2週間前に体調を崩したので、みんなでなんとかしよう
 と走ったのがよかった」

アンカーのワイナイナ選手のことば。
「去年は悲しかった。今年はみんな頑張った。私も頑張った。」

[過去の高校駅伝]
  [2010高校駅伝男子]鹿児島実、初優勝。世羅は2位。3位は九州学院
  [2010高校駅伝女子]優勝興譲館、2位豊川、3位仙台育英。豊川の3連覇ならず
  [2009高校駅伝男子]3区から独走の世羅が優勝、2位西脇工業、3位青森山田
  [2009高校駅伝女子]豊川がアンカーで圧倒連覇、2位須磨学園、3位興譲館
  [2008高校駅伝男子]佐久長聖が5区から独走初優勝、2位仙台育英3位埼玉栄
  [2008高校駅伝女子]豊川が5区ワイリムで逆転初優勝、粘る興譲館及ばず
  [2007高校駅伝男子]仙台育英、トラック勝負で2年ぶり7度目優勝、2位に佐久長聖
  [2007高校駅伝女子]2区からトップの立命館宇治が優勝、2位千原台3位興譲館
  [2006高校駅伝男子]世羅、仙台育英の4連覇を阻み32年ぶり5回目の優勝
  [2006高校駅伝女子]須磨学園、みごとな逆転で3年ぶり2度めの優勝
  [2005高校駅伝男子]仙台育英、後半に逆転し3連覇達成
  [2005高校駅伝女子]興譲館、1区新谷の驚異の走りを維持し初優勝
  [2004高校駅伝男子]仙台育英が圧勝連覇!
  [2004高校駅伝女子]諫早が大逆転で優勝!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242465737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック