母が急きょ入院、来週手術へ

母は、数年前から某大学病院で腫瘍の疑いを受け通院していたのだが、
1年前、担当医からしばらく来なくていいと言われた。

先日、母が人間ドックを受けたところ、
「ちょっと腫れてますね」
と、前に疑いのあった箇所の指摘を受けた。

さぁ大変と某大学病院に行くと、
来なくていいと言った医者は別の病院に転勤してて、
代わりの医者は「すぐに手術が必要なレベル」と言う。
ただ、年末のため即座の手術は難しいと。
1年前のカルテには疑いが濃い旨書いてあるので、
来なくていいとは言わない筈とも。

じゃあ、なぜ当時もらっていた薬も止めたんだ!?
とクレームを入れたが、代わりの医者は答えられない。
おまけに、
「上司に相談して今後の方針を決める。上司は来週まで来ないので、
 手術をするのは早くても来月以降になる」
の一点張りで埒があかない。
役所かここは!?

ネットサーフィンでその筋の専門病院を見つけ、
今日、診断を受けたら、そのまま入院し来週の手術と相成った。
深刻度が低いのが幸いで、術後1週間で退院できる見込みと。

某大学病院の対応は、まるで、
病気を重くしてから治療して治療費をがっぽりせしめよう、
としているかのようだ。

が、このいまいましいことは忘れて、
いまはまず、母の治療と看病に専念しよう。

病院

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック