続)亡き父の年金記録に誤りがあった

この時に調査依頼した亡き父の年金記録の抜けに対し、
社保庁から回答が届いた。

内容は味も素っ気もなく、
ただ、年金記録が記載されているだけ。

仔細に見て、今度は抜けがないことを確認する。
「ここをこう変更した」旨の
説明くらいできようものを...。

もっとも、今回の回答書は年金記録に関するだけで、
これによって年金金額がどう変わるかは
さらなる再裁定によって決まる。
10ケ月~1年かかるそうな。

調査依頼をしてからはや9ケ月、
これから10ケ月~1年、都合1年7ケ月~1年9ケ月。
ま、ちゃんと仕事をしていることは評価するものの、
70歳を大きく過ぎた母には
けっこうキツい時間だと思うのだが...。

ビル

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック