「神様のカルテ3」夏川草介

本作も3作めとなった。

で、オレがこのシリーズの中でもっともお気に入りの
東西直美看護師の過去の話からスタートする。

「シンちゃん・・・?」「ナオミ・・・?」

と、名前で呼び合う2人。
聞けば、東西看護師の元担任だと。

あはは、担任と教え子が名前同士で呼び合うなんて、
そも怪しい怪しい。

話は、だんだんと難しい方向へと進み、
主人公が良性腫瘍の患者をがんと診断したことから、
無用の手術をしたとのことで、患者側や病院事務側から
責められることになる。
先輩医師は言う。

「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの」

この言葉は、ある隠された事実に裏付けられた、
猛烈な自己批判だったことを、主人公はのちに知る。

ラストでは、とうとう主人公は病院を離れる決意をする。

今日の酒は、「一人娘」純米大吟醸。
これもいただいてしばらく放っておいたもの。
16.5度、プラス5度の辛口を、ぬる燗で。
読後感ものどごしもよし!

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!


あけおめ!

あけましておめでとうございます。

20130101nengayu.jpg

いつも、このような書き散らし系ブログに
お越しいただき感謝深謝の限りに存じます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ちなみに、Yahoo!おみくじでは
大吉寸前でした。

muzNp.png

で、再度引いたら、これが出た!
最初に引きたかったなぁ (^_^)

erwEw.png

[今日の短歌(のようなもの)]
年賀状にパッチワークのヘビを置き
あれこれ足したらヘビ息絶え絶え

年賀状筆書きのひとはペン書きに
版画のひともパソコン画へと

年賀状裏も表もパソコン書き
手書きの文字は年々消えゆく

nengajou.jpg

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!