すごい時代になってきた!

amneris84さんのokmr_pierreのツイートのRT。

>@okmr_pierre 20:27
>なんていう時代だ… pic.twitter.com/rcWSuykK
>Retweeted by @amneris84

画像には、某住職の言う以下のメッセージがある。

 「鐘の音」に対する苦情が多いため、
 除夜の鐘を取りやめます ○○寺住職

いやはや... (^_^;;;

[[今日の短歌(のようなもの)]
鐘の音に苦情多しと鐘を止む
その煩悩にせめて幸あれ

joyanokane.jpg

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

LiveCapture2で真の動体検知を行なおう、と

夕方から某忘年会に出席。
帰途、猛烈な雨に打たれてずぶ濡れに。
う~ん、この飲み会には欠席すべきだったな。

帰宅後に、ネットワークカメラの設定を行う。
我が家のネットワークカメラはPLANEXのこれを中心に
全部で4台あるのだけど、
PLANEX社の提供するソフトの動体検知機能は、
動体というよりは画像での明るさの変化を感知するようで、
光の変化の大きい朝と夕方にやたらと反応する。

これでは外れのヒットが多いので、
なにか良いものはないかと物色していたら、
LiveCapture2というフリーソフトの評判がいい。
ということで試してみた。

同ソフトの対応カメラには該当がなかったが、
ネット検索したらここ
そのままズバリの方法が載っていて、
言うように入力したらログインできてしまった。
1台を除く3台がログイン成功。
残り1台は機種が違うので、なにかがあるのだろう、
いつものように時間を空ける (^_^;;;

とりあえず、動体検知設定やらのもろもろの設定を行う。
これで2-3日試してみて、
いままでのモノとの比較をして、
良い方を選ぶとしよう。
さて、どうなるか!?

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

Googleの2段階認証を設定してみた

日頃から周りに、Gmail最高っ!を叫んでいたら、
某知人から「2段階認証はどうやればいい?」との
質問を受けた。

おっと、これはまだ試していない。
今日からの年末年始休みの最初に、
まず、この2段階認証というヤツをやってみよう。

要は、通常使っているパスワードにプラスして
特定の番号を入力しないとログインできなくする、
ということ。

ここのところ、Gmailアドレスを乗っ取られて、
勝手に商品を購入されたり、アドレス帳のメアド宛てに
スパムなどを送信されたりする被害が生じているので、
それへの予防のためのセキュリティ強化策だ。

で、アカウントのセキュリティで編集っつうのを選ぶと、
2段階認証の開始だ。

コード番号の発行方法の基本は2つ。

1つめは、随時発行するもの。Gmailを立ち上げるたびに、
あらかじめ登録した携帯メアドに番号が届くので、
それを入力してログインする。
ここで、信頼できるパソコンとして登録すると、
この随時発行から30日間は逃れられる。
が、30日経ったら、また携帯に届くコードを入力要。

2つめは、Googleの各サービスを使うアプリへの
個別のパスワードの発行。Google自体のアプリ、
たとえばGoogle Maps for iPhoneやGoogleカレンダは、
1つめのコード番号でOKなので、ここでは不要。
必要なのは、iPhoneのメールやBylineリーダや
PCのGmail checkerなどでGmailやGoogleリーダを
使うもの。
個別のアプリごとに12桁のパスワードを発行して、
それでもってログインして保存すると、次回からは
入れなくてもいい、ってんだが本当かな?

30日とかの期日が切ってないのでたぶんOKだろうが、
ま、これは、ある期間が経てばわかるだろう (^_^)

それにしてもめんどうはめんどう。
めんどうだが、こゆものと納得して実施することが
セキュリティの基本なのだからしょうがない。
止めたければ止めればいいのだし、ね。

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!

とうとう文明の利器にコロんだ

この日以来、冬は湯たんぽを愛用していたのだが、
今期はじめにまずこゆことがあり、
その後、どんどん寒くなってきて、
湯たんぽでは、どうにも間に合わなくなってきた。

あらかじめ足元へ湯たんぽをセットしてから、
床に入ると、肩周りは当然ながら冷えきっていて、
湯たんぽを肩の下に移動して肩の下を温めて、
さらに、もう片方の肩の下も温めて、
腰や脇のあたりも温めて、また足元へ移動してと
ぐるぐると湯たんぽを回すことに気を取られて
なかなか眠れにゃい (=^・^=)

身体が冷え切って帰宅する夜勤のあとでは、
なんともツライのだが、そうやって苦労して寝たのに、
朝方には寒さのために目が覚める。
湯たんぽの脇はぬくぬくだが、
それから遠い場所の寒さで目が覚めるのだ。
去年まで、肩周りが冷えるだなんて無かったのにぃ。

と、はたと気づく。
去年と違うのは腹回り。まだ6kg程度とはいえ、
ある程度落ちた贅肉が身体の保温機能を低下せしめた!?
とすれば、大いなるダイエット効果を喜ばねば (^_^)

と、あ~だこ~だ、能書きを重ねつつ、
文明の利器電気敷き毛布にコロんでしまったぁ... (^_^;;;

[今日の短歌(のようなもの)]
僅かながら落ちた贅肉の効果か
めっきりと肩の周りが冷える

寝付けないほどの寒さに湯たんぽの
移動に疲れ利器へとコロぶ

文明の利器はなるほど超便利
湯を足す労苦なく温まる

bunmeinoriki.jpg

ー(長音記号2) ー(長音記号2)  「大人の千羽鶴」に参加中。つがいの鶴を被災地宛てに飛ばそう!